『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の最新ビジュアルが解禁 USNAの最強魔法師リーナの参戦も決定

2017年6月17日(土)より全国の劇場で公開される『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の最新情報が、3月12日(日)に東京・秋葉原で開催された「電撃文庫 春の祭典2017」の『劇場版 魔法科高校の劣等生』ステージにて発表された。ファンも驚きのキャラクターが、劇場版に参戦することになった。新たな登場キャラクターとして発表されたのは、原作小説では第9巻より登場するUSNA(アメリカ)軍の魔法師部隊「スターズ」の総隊長でもあるアンジェリーナ=クドウ=シールズ。人気キャラクターでもあるリーナを日笠陽子さんが演じる。達也とリーナが描かれる最新キービジュアルほか、リーナも登場するPVもチェックしてもらいたい。

【ストーリー】

季節は過ぎ、もうすぐ二度目の春――。劣等生の兄と、優等生の妹。ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。しかし、そんな達也たちの前にひとりの少女“九亜”が現れる。海軍基地から脱走してきたその少女は達也にひとつの願いを告げる―。

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女/電撃文庫春の祭典2017用特別PV

また、日笠陽子さんほか、花澤香菜さん井上麻里奈さん諏訪部順一さん小原好美さんら追加キャストも決定した。USNA(アメリカ)最強の魔法師であるアンジェリーナ=クドウ=シールズの参戦により、物語はどのような展開を見せることになるのか、大きな注目が集まる。

アンジェリーナ=クドウ=シールズ(CV:日笠陽子)

達也たちと同学年の少女ながらUSNA(北アメリカ大陸合衆国)の魔法部隊「スターズ」総隊長を務める、世界有数の魔法師。愛称はリーナ。

九亜(CV:小原好美)

国防海軍の基地から脱走したところを、深雪たちに保護された少女。見た目は非常に幼く見えるがその正体は謎に包まれている。

七草真由美(CV:花澤香菜)

この春に第一高校を卒業したばかりの前・生徒会長。魔法大学への進学を予定している。十師族に連なる七草家の長女であり、小悪魔的な性格。

渡辺摩利(CV:井上麻里奈)

第一高校を卒業したばかりの前・風紀委員会委員長。物事全般にやや好戦的で、同学年の真由美とは親友の間柄。

十文字克人(CV:諏訪部順一)

第一高校を卒業したばかりの前・部活連会頭。同学年の真由美、摩利と並んで「三巨頭」と称されていた。「鉄壁」の異名を持つ名門・十文字家の時期当主。

また、2017年3月25日(土)より、全国の上映劇場にて特典付き第2弾劇場前売券の販売もスタートするほか、3月25日(土)・26日(日)に開催される「Anime Japan2017」のアニプレックスブースにて、AnimeJapan2017限定特典付き全国共通前売券の販売も行われる。最新情報が続々と公開されている『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』は2017年6月17日(土)全国ロードショー。

©2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

[関連サイト]

『劇場版 魔法科高校の劣等生』公式サイト

『魔法科高校の劣等生』原作公式サイト

電撃文庫公式サイト