GA文庫12月刊行5作品一挙紹介!

12月15日発売のGA文庫6作品を一挙にご紹介!

まだ買ってない人は是非参考にしてください。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4

著者:裕時悠示
イラスト:るろお(HP:http://homepage2.nifty.com/BWG/
GA文庫blog:「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」公式ページ

「さあ教えてよ。本当にキミが好きなのは、どの子だい?」
鋭太の伯母・冴子の爆弾発言で、四人の乙女に緊張が走る。その問いに対する鋭太の答えは……。

そんな中、ある海岸で行われる冴子のゲーム会社主催のミスコン大会で、四人は勝負をすることに!?
「勝ったコが嫁だからね!」
あくまで偽彼女を演じる真涼、怪しむ千和、ギュッと抱きつくヒメ、婚姻届にハンコをせがむ愛衣――。
勝利するのは果たして誰?

「さあ鋭太。修羅場とハーレム、どっちがいい?」
「どっちもお断りです」
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第4弾!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Happy Death Day2 マーダラーズカーニバル

著者:望 公太
イラスト:晩杯あきら(HP:http://yatsukame.web.fc2.com/
GA文庫blog:「Happy Death Day」特設ページ

彼女の名前は雛村灰奈。
この法治国家日本では死刑確定の大犯罪者。
泣く子も殺す殺人鬼、それが僕の愛する恋人だ。
そんな僕たちは『自殺屋ヨミジ』と名乗る不思議な男に誘われて、森深くの洋館に集められた。
「つまり、これはオフ会なんですよ。殺人鬼オフ」
灰奈を含む六組七人の殺人鬼たちが一同に会し、世にも危険なカーニバルが始まる。
殺人鬼でもない僕が生き残れるかどうかなんて重要じゃない。
僕はただ灰奈を幸せにする。
絶対に――。
ところで、殺人鬼ども。
最初の一人のこと、覚えてるか?

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「かんなぎ家へようこそ!4」

著者:冬木冬樹
イラスト:すまき俊悟(HP:http://cbase-graphics.com/

『百目鬼を縛るかんなぎ家の制約』
それが新たに結ばれさえすれば、めーちゃんに近づく不可避の死を遠ざけることができる。

だけど――。
「このことを珠樹さんに話したら、かんなぎ家が家族として完成することは永遠になくなります」

話せない。話してはいけない。
「……めーちゃん、死ぬの?」
聞かれてるじゃーーーーーん!!

幸せを願うことしかできない座敷童子な僕には、取り返しのつかない大失敗。
それなら、もう願わない。 強引に行こう!
僕は僕にできる方法で絶対にかんなぎ家を幸福にしてみせる。

家族とは何かを問いかけるっぽい、第4巻!!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

あるいは現在進行形の黒歴史6 -幼馴染が俺の嫁?-

著者:あわむら赤光(HP:http://awamura.blog88.fc2.com/
イラスト:refeia(HP:http://q-orbit.jp/

「それは手にした乙女が想い人と結ばれるという――伝説の狐面!」

最強の『聖天使』メープルこと舞子を誘い出すため、神社に伝わる恋愛の神事で主役を務めることになった英二。
これぞ楽しげな雰囲気で舞子を釣ろうぜ作戦、だぁぁぁぁっ!

「……英二ごと、ゲット」
「いいからキキにお面を渡しなさい。噛んで吸うわよ!」
なのに作戦そっちのけで全力出しまくるA.N.G.たち(←時間稼げよ)。

そこへ反則設定の超級天使メープルが悪夢の切り札と共に降臨する!!

「英二、もう遊びは終わりよ?」

あの楓子が本気で怯える緊急事態!?
これは洒落になってねぇぞ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「双子と幼なじみの四人殺し」

著者:森田陽一
イラスト:saitom(HP:http://chromaofwall.com/
高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。
その自殺に関して一縷は、突き落としたやつが見えたという。

正義感の強い、いや、正義感が強過ぎる迷悟は、事件を傍観することができなかった。
――学校のアイドル、グッズ販売、そして交際を賭けた決闘……。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!?

第3回GA文庫大賞《奨励賞》受賞の問題作が登場!

「幸せになる覚悟はある? 人を殺しておいてなお、幸せになりたいと思えるかってこと」

以上の5作品がGA文庫12月刊行作品となります。

しっかり迷ってしっかり買おう!