【日刊試読タイム】『突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ! そうか、布団なら敷いてあるぞ。』(MF文庫J)

雨が嫌だと言う方もいるかもしれませんが、この時期の雨は本当にありがたい。

さて、今回はMF文庫Jが2017年3月25日に発売する『突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ! そうか、布団なら敷いてあるぞ。』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

この小説は、妹ラブコメである。実妹は兄さんが好きで、義妹もお兄ちゃんが好き、似妹(妹的存在(年上))も兄が好きで、当然お兄ちゃんは妹たちみんなが大好き。ついでに妹同士もお互いが大好き。そんな4人は一つ屋根の下(同じマンション)で仲良く楽しく暮らしており、幸福な日々がずっと続くと思っていた――でも。「好きです、兄さん」「彗、…………好き」「好きだよ、お兄。兄妹としてではなく、一人の異性として……」急転直下の超展開!? 俺は一体どの妹を選べば良いんだ!? いや、選ばねぇ!! 妹ハーレムは俺が守る!

著者は塀流通留先生。イラストはねぶそく先生。塀流通留先生は第10回MF文庫Jライトノベル新人賞にて「優秀賞」を『逃奏劇リアクターズ』で受賞し、デビューされた作家です。本作は実妹に義妹に、似妹と様々な妹が登場する妹ラブコメ作品のようですね。試し読みでは約10ページが公開されています。挿絵も1枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

「普通」であることこそ至高。

主人公は「普通」という二文字に恋にも似た感情を抱く高校生、慧。試し読みでは語られていませんが、幼少期に普通じゃないことを散々味わった慧は、普通でないことは人生におけるリスクだとして、普通であることを強く望んでいるのです。そんな慧の「普通」を揺るがしたのは両親が海外赴任となり、一人暮らしとなったことから始まります。生活費からお小遣いまで親が出してくれている以上、大きな問題にはならないはずだったのですが。

一人暮らしであるはずの玄関を開ければ、現役女子高校生の幼な妻と見間違えてしまうかのような存在が出迎えるのです。愛の前には鍵など無意味だとのたまう愛の正体はマンションのマスターキーであり、颯爽と通報しようとする慧のスマホを叩き落とす少女の正体。それは慧を兄さんと呼ぶ妹。苗字こそ違うが血の繋がった妹として、慧の部屋にいることこそが当たり前だと声高々に主張するのです。きっとこれが本作における「普通」を揺るがす原因のひとつなのでしょう。

試し読みで公開されているページは珍しく約10ページとかなり少量です。作品のあらすじからは、試し読みで登場した実妹に加え、義妹、似妹と、更なる妹的存在が登場するようですね。しかしながら、ここまで妹を推し出す作品も少しばかり懐かしく感じてしまいます。次々と兄に迫る妹に対して、主人公はどのように「普通」を取り戻すべく行動していくのか大変楽しみですね。

試し読みでは、慧の部屋に不法侵入した自称実妹の少女が、部屋にいることの正当性を主張するところまでが公開されています。兄と呼ばれる少年と、妹であると告げる少女たちとのテンションの開きなども、物語にどう影響してくることになるのか気になるばかりです。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©塀流通留/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:ねぶそく

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト