電撃文庫2017年4月刊行ラインナップをご紹介その2『いでおろーぐ!6』『読者と主人公と二人のこれから』など6冊

2017年4月8日に発売する電撃文庫4月刊行のラインナップ6冊(合計13冊)のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

いでおろーぐ!6

©椎田十三/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:憂姫はぐれ

この闘争に終わりはない!

革命的内容に満ちたリア充爆発アンチラブコメ、第6弾登場!

【あらすじ】

「遊園地――それは恋愛至上主義の、ひとつの結晶とでもいうべき最悪の施設なのだ!」 領家の呼びかけによりGWの遊園地に乗り込んだ反恋愛主義青年同盟部の面々。完全アウェイの状況の中で調査行動を開始するが……?「この列車のアトラクションは絶対に怪しいよ」(神明さん)「子供向け遊具というのは隠れ蓑かも知れません」(瀬ヶ崎)「薄暗い室内でおさわり……」(西堀)「スピードが速い施設に何か隠されているのでは」(天沼)「ティ、ティーカップなんかいいんじゃないかな……」(領家)……果たして彼らは自らの道を貫き通すことができるのか!? さらに女児の策略により高砂は10年後の未来へ、そして何故か異世界に転生!? 話題の反恋愛活動記録、第6弾登場!

オオカミさんとハッピーエンドのあとのおはなし

©沖田雅/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:zpolice

ファンの皆様、お待たせしました!

おおかみさんと愉快な仲間たちのその後を描くシリーズ最笑の物語!!

【あらすじ】

おおかみさんたちが帰ってきた! 亮士くん、りんごさんをはじめとして愉快な仲間たちが勢揃い! 何せ、あんな人たちまでちゃっかり出演しているくらいですから、ドタバタにならないわけがない……ゴ、ゴホン。とにかく素敵な仲間たちでおくる、みんなのアフターストーリー! 御伽銀行が絡んだバレンタインなドタバタだったり、衝撃の変化を遂げた亮士“さん”&おおかみさんのその後、さらにあの人のアレやコレ、本当にいったいどうなることやらなお話が満載! 御伽銀行メンバー以外にも、猫さんや桃ちゃん先輩たちも活躍しちゃう……らしい!? 幸せになるのは二人だけなじゃない!? とあるエピソードでは、あの人の意外な結末に驚くこと間違いなし! そんなこんなでおくる本当の完結巻をお楽しみあれ!

読者と主人公と二人のこれから

©岬鷺宮/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:Hiten

――だから、わたしの初恋はエピローグのあとに始まるのです。

【あらすじ】

この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば――だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。不器用に近づいていく二人の距離。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末にあるものは――。

ニアデッドNo.7

©九岡望/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:

闇に生き、闇を駆け、闇を討つ7人――!!

『エスケヱプ・スピヰド』コンビが贈る新作!

【あらすじ】

目覚めた少年は、何者でもなかった。“再葬開始”の合図と共に、いつの間にか持っていた火の粉を纏う刃を振るい、異形の敵を倒すのみ。“境死者(ニアデッド) No.7”――赤鉄(アカガネ)。それが、彼に新たに与えられた名だった。なぜ自分は戦うのか――。No.6である美しき少女・紫遠(シオン)と共に、訳のわからぬまま死闘に身を投じる赤鉄は、やがてある事実にたどり着く。No.7の称号を持つ“先代”がいたこと、そして自分がその人物に殺され、No.7を“継承”したことを……。現代ダークファンタジー、開幕!

剣と魔法と裁判所

©蘇之一行/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ゆーげん

剣と魔法が全てのファンタジー世界。

お前ら“最強の職業”を知ってるか?

【あらすじ】

「それでも僕はやってない!」 法廷に響く悲痛な声。満員ダンジョン内の痴漢疑惑で捕まった冒険者の裁判だ。武器をSM道具と偽った脱税疑惑や、腕利き冒険者によるパワハラなど、ガイナース王国裁判所で扱われる訴訟は様々だ。ダンジョンを出れば、剣士も賢者もただの人。王国を統べるのは法律――つまり、剣と魔法の世界で最強のジョブは弁護士なのだ。そんな国で無敗と名高いキールは、脅迫・捏造なんでも有りの悪徳弁護士。ある日、彼の噂を聞きつけ、恩師を救いたいという心優しい魔法使いの少女アイリが現れ――?

アイドル稼業、はじめました!

©岩関昂道/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:こうましろ

女性アイドルグループで踊ってるけど、実は男なんだ、おれ――

【あらすじ】

おれが好きになった女の子、瀬戸あおいは、映画やドラマで大活躍している人気若手女優だ。くりっとした大きな瞳、小ぶりで高い鼻、桜色で艶やかな唇、雪のように白い肌。そう、彼女は完璧なんだ。彼女に会うために、おれは芸能界に入る。立派な俳優になって、あの娘の前に立ち、プロポーズする。そう決めたんだ。……なのに、なぜおれは女子アイドルグループの一員としてミニスカートをはきながら踊っているんだ? 女性アイドルとして活躍する少年を描く、ガール(?)・ミーツ・ガール、ストーリー!!

紹介ラインナップは2017年4月8日発売です。

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト