【日刊試読タイム】『冒険者高専冒険科 女冒険者のLEVEL UPをじっくり見守る俺の話』(アース・スターノベル)

4月とは思えぬ寒さ……!

さて、今回はアース・スターノベルが2017年4月15日に発売する『冒険者高専冒険科 女冒険者のLEVEL UPをじっくり見守る俺の話』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

『人類の希望はダンジョンにあり!』 終末戦争により資源が枯渇し、絶望真っただ中の人類の目の前に突如現れた正体不明の『ダンジョン』。失われたはずの資源を求め、世界中がこぞってダンジョン攻略に乗り出してから数十年、冒険者養成のためにある学校が作られた――冒険者高専。冒険者高専冒険科1年生、一之瀬ミナトはレベルは弱いながらも決意する。「女冒険者たちのLEVEL UPを見るために未攻略ダンジョンを踏破する!」と。ミナトの決意の源にはある衝撃的な事実があった。それは、女冒険者のLEVEL UP時にまつわるもので……斬新かつ衝撃的な設定の世界観で繰り広げられる、ダンジョン攻略劇、ここに誕生!

著者はつよぐち2号先生。イラストはネコメガネ先生。つよぐち2号先生はWEBで小説を連載しており、本作でデビューされる作家です。本作はダンジョンが出現した世界で富や名声ではないダンジョンで起こる「ある現象」にご執心な主人公の熱い物語のようですね。試し読みでは約100ページが公開されています。口絵が2枚確認できるほか、挿絵も2枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

女性のレベルアップに立ち会うため、高レベルを目指すダンジョンストーリー!?

主人公は私立落ヶ浦第二冒険者高等専門学校の1年生、一之瀬ミナト。人口の増加に歯止めがきかず、資源の枯渇と食糧不足に直面した世界は戦争に明け暮れる時代へと突入してしまいます。そんな人類が絶滅への道を歩み出してからしばらくして、突如太平洋のど真ん中に「ダンジョン」と呼ばれる白亜の塔が出現するのです。何もかもがわからない尽くめの「ダンジョン」。しかし、ただひとつわかったこと。それは人類が最も欲している資源が手に入るということだったのです。

巨万の富や名誉を得ることだって決して夢ではない「ダンジョン」。そんな命知らずを目指して集まる高専に主人公は入学を果たすわけですが、彼の目的はそんなところにはないのです。ダンジョンには様々なルールがあり、その中に存在するレベルアップという概念。レベルアップを具体的に確認する方法はないものの、とある現象が確認されているのです。男性であれば発狂するほどの全身の苦痛。そして女性がレベルアップを果たすと絶頂する、そんな現象なのです。

違法動画扱いとされるレベルアップのシーンにご執心な主人公は、自分の目で女性のレベルアップに立ち会うため、高専に入学、ダンジョンの攻略を目指すわけです。レベルアップで発生する現象は高レベルになるほど反動は大きくなるため、主人公もまた必然的に高レベルを目指すことになり、富や名誉はどこ吹く風の物語になりそうですね。一方でダンジョンや冒険者へのスタンスは意外とシビアであるなど、主人公の考え方と現実のギャップも見どころのひとつとなりそうです。

試し読みでは、女生徒の間でも話題の尽きない【剣帝】アリョーシャとミナトが出会うところまでが公開されています。仲が良さそうに振る舞う二人に俄かな嫉妬心を燃やす神城葵はもちろん、レベルの低い主人公の前に現れた高レベルのアリョーシャ。「ダンジョン」を巡り、物語は主人公の欲望以外の方向にも舵を切っていくことになるのか注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©つよぐち2号/アース・スターエンターテイメント イラスト:ネコメガネ

[関連サイト]

アース・スターノベル公式サイト