MF文庫J刊『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』が完結に向けて魔女の人気アンケートを受付中

2017年3月25日に第11巻が発売となったMF文庫J刊『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』にて、魔女の人気アンケートの受付が行われている。本作は異界から落ちてきた青年が、人間の侵攻によって滅びを待つしかなかった魔女たちの下に現れるところから始まる物語。多くの魅力的な魔女たちが登場するだけでなく、記憶を失った青年ナーガの一宿一飯の恩義が、やがて魔女と人間との共存という巨大な理想へと繋がっていく戦乱ファンタジーとしても魅力の詰まった作品だ。2012年のシリーズ刊行からコミカライズも経て迎えた5年目、物語はいよいよフィナーレへと向かう。

実施中のアンケートは魔女の人気投票という側面を持ちながら、本作の主人公であるナーガの隣にいて欲しい魔女、あるいは隣に立つに相応しい魔女を決めるというものでもある。人気投票の結果は「最終巻の物語に関わってくる」と著者である舞阪洸氏も第11巻のあとがきで語っており、シリーズのファンはぜひお気に入りの魔女に一票を投じてもらいたい。

人気アンケートは、第11巻巻末のQRコードにアクセスして行うことができる。期限などは定められていないようだが、第12巻への反映を考えると投票は可能な限り早い方がいいだろう。物語はいよいよフィナーレに向かって動き出した。これまでシリーズを追いかけてきた読者はもちろん、途中で止まってしまった読者、そして本作にはじめて興味を持った読者も、ナーガと魔女たちの物語にあらためて注目してもらいたい。『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』は、MF文庫Jより第11巻まで発売中。

©舞阪洸/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:よう太

[関連サイト]

『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』特設ページ

MF文庫J公式サイト