【日刊試読タイム】『ノウ無し転生王の双界制覇』(ダッシュエックス文庫)

ココアにはまる日々。

さて、今回はダッシュエックス文庫が2017年4月25日に発売する『ノウ無し転生王の双界制覇』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

黒陽練は、魔法後進国日本初の超一級魔法使いになれると期待された魔法の神童――だった。しかし魔法の本場ブリタリア王国の姫をテロから守った代償に、ノウと呼ばれる魔力をほとんど失い、魔法を学ぶ資格も奪われた。それでも独学で魔法の勉強を続けていた練は突然、国立魔法技術学院高等部の入学を許可される。ノウ無しが今さら何を学びに来たと卑下される練だが、決闘を挑んできたエリート生徒を、わずか「1」しかない魔力で返り討ち。そこに練がかつて命を救った姫が現れ、そして告げる。「貴方に、娶られに参りました」 魔力空っぽでも超絶魔法技巧の俺TUEEE、異世界交流開始!

著者は藤原健市先生。イラストは猫猫猫先生。藤原健市先生はファミ通文庫でデビューの後、『テラフォーマーズ』のノベライズや外伝コミックのストーリー協力などで活躍されている作家です。本作は魔法の神童と期待されていた主人公が、とある事件をきっかけに魔力を失い、その3年後から始まるストーリーを描くようですね。試し読みでは約55ページが公開されています。挿絵も3枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

御身に、娶られに参りました。

主人公はとある事件に巻き込まれ、魔法使いとしての未来を失ってしまった少年、黒陽練。異世界と次元の穴で繋がり20年。魔力を扱える人間が生まれるようになり、練は魔法の神童と周囲からも期待された存在だったのです。さらに異世界にあるブリタリア王国が設立する王立魔法アカデミーに主席入学という名誉も掴みとり、魔法使いとして順風満帆な未来が約束されていたはずでした。開校式典の当日、ブリタリア王国の王位継承争いに巻き込まれ、第二王女を救った代償に魔法使いとしての生命線を断たれることになるまでは。

それから3年。ブリタリア王国からも日本国からも魔法使いとしての未来を見限れた練は、自身の魂に宿るグロリアスからだけ魔法の指導を受け中学時代を過ごします。そして何者かの手によって、日本国政府主導で設立された国立魔法技術学院高等部に編入が決まるのです。中等部には招かれさえしなかったにも関わらず、です。それでも胸の高鳴りは抑えられず、練は寝坊して入学式に遅刻してしまうのです。

衆目に晒されることは覚悟の上とはいえ、「元神童」など無遠慮な声は聞こえてくるもの。かつての家庭教師との再会も束の間、一人の生徒に絡まれてしまうのです。グロリアスとの会話でついた言葉が不運にも相手を煽る結果となり、激昂する陰陽道名家の次期当主・三条院道長。そんな道長に本音をポロリしちゃう先生。侮辱されたことに怒り、練も防げそうにない魔法が放たれた直後、一人の少女が転移魔方陣から現れるのです。見違えた一人の少女、それはかつて練が救った第二王女ルナリアだったのです。

試し読みでは練に救ってもらってから3年、研鑽に研鑽を重ね聖騎士にまで上り詰めた王女殿下が、剣を捧げ、さらにこっそりと練に求婚するところまでが公開されています。練の言葉にちょくちょく硬直するポンコツぶりを発揮しながらも、練のことを想い続けて聖騎士の位を賜った王女との再会。そして3年前の暗殺事件に関わったと目される第一王子の暗躍。練とルナリアを取り巻く物語に注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©藤原健市/集英社 イラスト:猫猫猫

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト