MF文庫J発のTVアニメ企画が2017年5月1日(月)正午に発表へ ラノベニュースオンラインも大胆予想!

新たにライトノベル原作のTVアニメ化企画が、MF文庫Jより発表されることが明らかとなった。2017年5月1日(月)の正午に注目のタイトルが解禁されることになる。今からどの作品がアニメ化作品として発表されることになるのか楽しみで仕方がない読者も多いだろう。あわせて、発表されるタイトルを見事当ててしまおうというキャンペーンもスタートしている。正解者の中から抽選で20名に、アニメ化作品の著者&イラストレーターのサイン入りキービジュアルポスターが当たる。作品を予想しながらぜひキャンペーンにも参加してみてほしい。

【キャンペーン開催期間】

2017年4月24日(月)~5月1日(月)11:00まで

⇒ キャンペーンの応募方法はこちら

せっかくなので、ラノベニュースオンラインもMF文庫J発のアニメ化企画タイトルを予想したいと思う。なお、TVアニメ第2期相当やスピンオフに類するものはないものと仮定する(下手をするとここで前提が崩れる可能性もあるわけなのだが……)。

まず、実績と話題性という観点から見た場合に『エイルン・ラストコード』と『ようこそ実力至上主義の教室へ』という可能性だ。『エイルン・ラストコード』は「このライトノベルがすごい!2016」の新作部門にて第1位に輝いたほか、ご存知の通り複数のイラストレーターが参画しており、特設サイトの構成もかなり力の入ったものとなっている。最新6巻も4月25日に発売となる。『ようこそ実力至上主義の教室へ』は、公表されているシリーズ累計発行部数が35万部を突破しており、売上実績はもちろんその人気も根強い。最新6巻が5月25日に発売となるので、アニメ化企画進行中のオビが巻かれる可能性もあるだろう。

さらに『世界の終わりの世界録<アンコール>』という可能性も考えられる。5月25日発売の第10巻はシリーズの集大成となる最終巻。2015年から動き出していたメディアミックス企画「プロジェクト・アンコール」の集大成として、王道ファンタジーがメディアミックスでもその王道を突き進む可能性はある。そして『今日から俺はロリのヒモ!』という可能性。2017年内にはドラマCDも発売となり、キャストの配役も万端。イラストを担当するへんりいだ先生がインタビューで語られていた「ロリを楽しむ世界観」がアニメーションを経て実現する……かも? 最後に『異世界ならニートが働くと思った?』という可能性も捨てきれない。ラノベニュースオンラインで毎週日曜日に掲載される重版情報の記事でも、そのタイトルを見かけることはとても多いのだ。キレ者ニートな主人公が歴史上の偉人と戦うストーリーも映像映えしそうである。

と、ラノベニュースオンラインも大胆予想。各人の予想の参考にしていただきつつ、2017年5月1日(月)正午の発表を楽しみに待ちたい。

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト