ガガガ文庫刊『されど罪人は竜と踊る』のコミカライズ連載が本日より開始 ギギナとガユスのコンビがコミックでも躍動

2017年秋のTVアニメ放送も発表されているガガガ文庫刊『されど罪人は竜と踊る』のコミカライズ連載が、無料漫画サイト「サンデーうぇぶり」にて開始となった。コミカライズ版のタイトルは『されど罪人は竜と踊る 輪舞』となっており、作画は三途河ワタル氏が担当している。第1話はカラーページを含む25ページで公開され、ギギナとガユスが長命竜<アルター>と出くわす場面までが描かれている。暗黒ライトノベルの始祖がアニメよりも一足先にコミックでもスタートした。

【概要】

ガユスとギギナは相性最悪の天敵でありながらコンビを組む、賞金稼ぎの攻性咒式士。<異貌のものども>や犯罪者を狩る二人の凄絶な戦いの日々を見よ!2017年秋、TVアニメ放送開始のガガガ文庫の超人気暗黒ライトノベルを完全コミカライズ!!

⇒ コミカライズ版『されど罪人は竜と踊る』はこちら

次回の更新は2017年5月13日(土)が予定されており、コミカライズの連載ペースは隔週となりそうだ。2017年秋にはTVアニメの放送も控える同シリーズを、連載がスタートしたコミックに加え、原作小説でも読んでもらいたい。『されど罪人は竜と踊る』はガガガ文庫より、第19巻まで発売中。

©浅井ラボ/小学館 イラスト:ざいん

[関連サイト]

『されど罪人は竜と踊る』特設ページ

ガガガ文庫公式サイト