電撃文庫2017年5月刊行のラインナップをご紹介。『はたらく魔王さま!17』『新約 とある魔術の禁書目録18』など11冊

2017年5月10日に発売する電撃文庫5月刊行のラインナップ11冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

はたらく魔王さま!17

©和ヶ原聡司/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:029

魔王さま、正社員登用試験に落ちる!

さらに木崎の異動命令にクルー達が大騒ぎ!!

待望のドラマCDも2017年6月7日に発売予定です!!!

【あらすじ】

正社員登用試験に落ちた悔しさを仕事にぶつけ、いつも以上に神クルーっぷりをみせる魔王。だが、異世界エンテ・イスラから日本にやってきて以来ずっと掲げていた目標を失い、見た目とは裏腹に落ち込んでいた。さらには、何者かに襲撃され可愛いニワトリの姿で弱ったままのカミーオや、「大魔王の遺産」最後の一つ「アストラル・ジェム」の行方など、解決すべき問題も山積みだった。そんな中、カミーオ襲撃の鍵を握ると思われる存在が代々木周辺で目撃される。天祢と共に現場に向かった魔王は、そこでワニのような悪魔と遭遇。なんとか確保したものの、六畳一間のヴィラ・ローザ笹塚201号室で世話をすることになり、仕事にプライベートに、魔王は心の休まる暇がなくなってしまい……。一方マグロナルドでは、店長の木崎に異動命令が出たことで、恵美や千穂を始めとしたクルーたちに動揺が広がっていた。木崎と今後について話す魔王を見て、恵美と千穂は魔王が日本に留まる理由がなくなるのではと、不安を覚え始める。エンテ・イスラに戻るのか、日本で仕事を続けるのか、今後のキャリアをどうするか悩み始めた魔王のとる選択肢とは──。お仕事成分多めでお贈りする、庶民派ファンタジー第17巻!

狼と香辛料XIX Spring LogII

©支倉凍砂/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:文倉十

くふ。ぬしよ、優しくしてくりゃれ――

ホロとロレンスが紡ぐ、旅の続きの物語、第2弾!

【あらすじ】

賢狼ホロと元行商人ロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』。幸せと笑いがわき出ると言われる湯屋を舞台に描かれる、旅の続きの物語、第2弾が登場。コルとミューリが旅に出てしまい、湯屋は慢性的な人手不足に。ロレンスは大勢の客が訪れる繁忙期に向け、スヴェルネルの騒動で出会った女性・セリムを新たに雇うことにする。実は彼女、ホロと同じ狼の化身なのだ。新参者のセリムの前では、女将としても狼の化身としても威厳を保ちたいホロだったが、なにやら浮かない様子。一方ロレンスは、そんなホロの気持ちを知ってか知らずか、湯治客が持ってきた特権状に夢中で――? 電撃文庫MAGAZINEに掲載され好評を博した短編3本に加え、書き下ろし中編『狼と香辛料の記憶』を収録!

新約 とある魔術の禁書目録18

©鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:はいむらきよたか

コミック『とある魔術の禁書目録』&『とある科学の超電磁砲』10周年!

そして本家は、ついに『ヤツ』と対決する――!!

【あらすじ】

『計画』。科学の総本山に鎮座する、不死の魔術師による一〇〇年越しの大願。それは無限に変化し、そして容赦なく牙を剥く――。学園都市の支配者に狙われた土御門元春と府蘭。上条当麻の部屋に転がり込んだ二人は、最終手段として学園都市からの脱出を試みる。しかし、緑色の手術衣を着た男は彼らを決して逃さない。その毒牙、魔術の『業』による攻撃で土御門の妹・舞夏が蝕まれてゆく。事態を打破するため、上条と土御門は、学園都市統括理事長の本拠『窓のないビル』突入を決意した。待ち受けていたのは、支配者の精神を象徴するかの如き巨大な虚無の空間。最上部を目指し突き進む上条だったが、突如現れたミナ=メイザースを名乗る奇妙なネコミミ喪服美女の誘いで、彼は不死の魔術師が歩んできた『黄金の軌跡』を経験する。『幻想殺し』が生み出された謎と共に――。ついに、幕は開く。これより始まるのは、一片の曇りもない『人間』アレイスター=クロウリーの物語である。

絶対ナル孤独者4 ―刺撃者 The Stinger―

©川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:シメジ

『ソードアート・オンライン』の作者によるWEB小説シリーズ!

人類の存亡をかけた能力者達の戦いの行方は――!!

【あらすじ】

敵組織《ルビーアイ》最強の能力者《リキダイザー》の罠に嵌まりながらも、絶体絶命の危機から脱出したミノル。しかしその代償として、《リフラクター》小村スウは瀕死の重傷を負ってしまう。《孤独者》のコードネームを冠するミノルは、以前は《みんなの記憶から消えてしまいたい》という願望を持っていたが、スウとの共闘、同級生・箕輪朋美との再開や、母親代わりの義姉・典江との交流によって、この世の中に自分が存在する意味を見出し、スウの回復を祈るのだった。しかし、そんなミノルの心の変化を、世界は待ってはくれない。メンバーを欠く《特課》に危険な影が忍び寄る。《刺撃者》――。正体不明、目的不明の敵に、ミノルとユミコが挑む!

悪逆騎士団II そのエルフ、凶暴につき

©水瀬葉月/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ももこ

高貴にして粗野、正義にして邪悪――麗しきエルフのお姉様が今日も一暴れ。

退廃のダークファンタジー第二弾!

【あらすじ】

世間から忌避されるダークエルフにして、ゼルディバッソ紋章国の中枢にも関わる貴人。それこそが悪逆騎士団の長・アリシアの正体。やんごとなき身分にありながらその立場を隠し、アリシアは今日も今日とて暴力と悪徳を振りまきながらも、蛮都の治安を守り続けていた。そんな鬼畜エルフ・アリシアが率いる悪逆騎士団の面々が向かったのは、森の魔獣退治。目的は魔獣の被害に苦しめられる善良なる冒険者たちを救うため……などではもちろんなく、森林開拓団と冒険者ギルドに恩を売って金儲けするため。だが森を探索中のコルが遭遇したのは、捜し物をしているという謎の全裸幼女で……? さらに蛮都では非合法な手法で勢力を伸ばす新組織が出現。宣戦布告を受けた悪逆騎士達が迎え撃つ!

終わる世界の片隅で、また君に恋をする

©五十嵐雄策/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ぶーた

全ての人々の記憶が消えていくこの世界で僕は、君との最後の夏を過ごす――。

五十嵐雄策最新刊登場!

【あらすじ】

それは、いつからだったろう。この世界に奇妙な現象が起こり始めた。人が、その名前も、周囲の人たちとの関係も、そしてその存在すらも、全てを忘れ去られてしまう。忘れられて、誰の記憶からも消えてしまうのだ――。――忘却病。いつしかその現象は、そんな名前で呼ばれるようになった。全ての人が全ての人を忘れたとき、それが世界の終わりになるのだろうか……。それに抗うかのように、僕は保健室登校の桜良先輩と、忘却病に罹った人の最後の望みを叶える『忘却病相談部』を始めることになったのだが――。

オレ、NO力者につき!

©阿智太郎/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:U35

主人公だけ特殊能力がない!?

笑いとドキドキのファンタジック学園コメディー!!

【あらすじ】

人類のほとんどが、なんらかの特殊能力を持つようになった現代。神様からの贈り物という意味を込めて、この能力は『ギフト』と呼ばれている。当然、オレのまわりの人たちも、みんな『ギフト』を持っている。ただ一人の例外、そう、オレを除いて……。昔はこの現実に悩んだこともあったが、今は別になんとも思っちゃいない。だけど、いるんだな、そんなオレにいらぬ同情をする連中が。たとえば、オレが通う青葉高校の生徒会長とかね。悪気がないのはわかるけど、それってほんとにありがた迷惑ってやつ。だからオレは証明してやらなきゃならない。『ギフト』のない異常な人間のオレでも、オレらしく学校生活を楽しめるってことをね。みんなもこんなオレを応援してくれよな。

アストロノーツは魔法を使う

©天羽伊吹清/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:けけもつ

魔法――それは本来、女性のみが持つ奇跡の力。

だが少年はそれを得る。英雄の命を犠牲にして……。

【あらすじ】

人類が宇宙へ進出して幾星霜。数多の困難に直面しながら、それらを乗り越える力となったのが≪魔法(マギクラフト)≫の力だ。通常、ごく一部の女性のみが持つとされる魔法の才能を導き、宇宙開発を担う人材≪宇宙魔法士(アストロマージ)≫を育成する教育機関≪アリストテレス≫。そこへ向かう軌道エレベーターの中で異星幻獣の襲撃を受け瀕死となった早霧零は、英雄と称えられる宇宙魔法士ギア・リボルヴァと邂逅する。戦いで致命傷を負ったギアが魔法で救えるのはどちらか一人――結果、英雄を犠牲に助けられた零は、史上9人目の男性の宇宙魔法士として覚醒する――!!

資格の神様

©十階堂一系/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:かろちー

つまらない人間だった僕が“資格の神様”と出会って

ちょっとはましな人間になれた話をしよう。

【あらすじ】

「つまらない人間の針木一天くん」 そんな烙印を押され、幕を開けた僕の高校生活。変わりたいと願うも、なかなか行動に移せずにいた僕は、ある日――「君はどう変わりたい?」“資格の神様”を名乗る妖しい美女・桐の司と出会った。何も答えを見つけられずにいた僕に彼女が示してくれたのは「資格」という道。その道を一緒に歩むのは強引過ぎる性格の資格部部長・チクマリ先輩。そして僕にだけなぜか塩対応を崩さない幼馴染みの天野さん。これは、そんな個性派揃いの資格部メンバー達と、強烈な存在感を放つ神様に見守られながら、何もない僕が変わっていく資格と青春の物語だ。

キリングメンバー ~遙か彼方と冬の音~

©秋月陽澄/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:さらちよみ

第23回電撃小説大賞、最終選考で審査委員一同衝撃!? の問題作!

私立中学で女子生徒が殺害された。

被害者の父、警察、同級生。各々が真相に迫る中、隠れた狂気が暴かれる。

【あらすじ】

ある朝、学校の理科準備室で桜井夏希が殺された。密室殺人だった。当日学校を休んでいた遠藤彼方は、友人の山崎快斗から事件の話を聞き、不謹慎ながら興味を惹かれる。刑事である山本観月と柴田旭は捜査に乗り出し、被害者の父である桜井秋園もまた独自に犯人特定を急いでいた。事件が起きても日常は進む。彼方と快斗は、休日近藤此方と遊んだり、また彼方は翌週の放課後、恋人である久保詩織と談笑しながら下校する。しかし、そこで観月に声を掛けられたことから事態は急転する。次々と不審死を遂げる学校関係者。連続殺人犯と連続誘拐犯。六年前に起きた凄惨な事件とその被害者。全てに関与する一人の人間。夏希の死をきっかけに、あらゆる歪みが露呈する。これは、謎を解き、犯人を暴く物語――ではない。

蒼戟の疾走者 落ちこぼれ騎士の逆転戦略

©犬亥/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:駒都えーじ

落ちこぼれの天才とマフィアの娘が織り成す制空ファンタジー始動!

【あらすじ】

エアレース――それは、国の誇りをかけた騎士たちの空の決闘場。三年前の中央レースを最後に忽然と姿を消した不遇の天才騎士・リーロイ・ダーヴィッツ。彼は今、多額の借金により地方のレースで八百長ギリギリのレースを積み上げていく日々を過ごしていた。「――リーロイ・ダーヴィッツって名前、覚えておいて!」 彼の才能を信じながらも、商売の為リーロイを利用するマフィアの娘・ジゼル。「ボクが負けるわけがないだろ!」 かつてのリーロイと同じ目をした新人騎士・クリス。彼らが最大の強敵に挑むとき、大空の舞台に奇跡が起きる――!

紹介ラインナップは2017年5月10日発売です。

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト