『Lv999の村人』『ノーブルウィッチーズ』のコミカライズ連載が本日発売のコンプエース7月号より同時スタート

2017年5月31日に第4巻が発売となるエンターブレイン刊『Lv999の村人』と、第6巻まで発売されているスニーカー文庫刊『ノーブルウィッチーズ』のコミカライズ連載が、2017年5月26日発売の「コンプエース7月号」より同時スタートした。『Lv999の村人』は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、生き方を決定付けられた世界で最弱の役割である《村人》の一人が、Lv999へと到達することで始まる英雄譚を描いた作品。コミカライズ版の作画は岩本健一氏が担当している。

【あらすじ】

生まれつき役割が決定した世界で、 守られ、街を発展させるだけの存在でしかない最弱の存在「村人」。 そんな村人の中で、LV999の極致へたどり着いた一人の男がいた―― 最強の村人・《鏡》と、魔族の少女《アリス》との出逢いにより 鏡は世界の運命に抗うべく険しい道へと進むことになる! 最弱「村人」の英雄譚、ここに開幕!!

『ノーブルウィッチーズ』は『ストライクウィッチーズ』シリーズのスピンオフ作品となり、貴族出身のウィッチたちの物語を描いた作品。ドラマCDも積極的に展開する人気シリーズとなっている。コミカライズ版の作画は槌居氏が担当している。

【あらすじ】

「侯爵家なんて言っても分家だし、たいしたことないんだよね」 肩を竦めるのは黒田邦佳。「その血にふさわしい振る舞いができぬのなら、貴族を名乗る資格はない!」 豪語するのはハインリーケ。全く異なる二人のウィッチが、第506統合戦闘航空団に配属されて……!? ノブレス・オブリッジを貫くべく、二機の乙女が蒼天を駆け巡る!

いよいよ連載が開始となったコミカライズ版『Lv999の村人』と『ノーブルウィッチーズ』。コミック版を読んで先の展開が気になった読者は、ぜひそれぞれの原作小説も読んでもらいたい。『Lv999の村人』は、エンターブレイン単行本より第3巻まで発売中。『ノーブルウィッチーズ』は、スニーカー文庫より第6巻まで発売中。


©星月子猫/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:ふーみ

©南房秀久/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:島田フミカネ

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

スニーカー文公式サイト