スニーカー文庫刊『エクスタス・オンライン』第3巻の追加エピソードにあたる書き下ろし短編がカクヨムにて公開

2017年6月1日に第3巻が発売となったスニーカー文庫刊『エクスタス・オンライン』の書き下ろし短編が、Web小説サイト「カクヨム」にて公開された。著者である久慈マサムネ氏の書き下ろしとなる短編は、発売となったばかりの第3巻の追加エピソードという位置づけとなっており、書籍上では綴られなかった物語が描かれる。同投稿は6月8日(木)から11日(日)の4日間をかけて連載が行われるとのこと。同シリーズの読者は忘れずに読んでおきたい。

【あらすじ】

降臨した修正プログラムの正体は、廃棄された古の魔王サタンだった。サタンは朝霧に死の呪いをかけ、インフェルミアも奪ってしまう。絶体絶命のヘルシャフト(堂巡)は朝霧を連れて脱出、二人きりの逃避行が始まった! なんとか朝霧を助けたいヘルシャフトは、朝霧の全身に呪術防御ローションを塗りたくるが、かえって恨みを買ってしまい!? 刻々と近づく朝霧の命の期限。ヘルシャフトはサタンを倒し、朝霧を救えるか――!?

⇒ 『エクスタス・オンライン』第3巻追加エピソードはこちら

同作はコミカライズも発表されており、今後の展開も大変気になる作品だ。第2巻刊行時のインタビュー記事とあわせて、ぜひ本作を手に取ってみてほしい。『エクスタス・オンライン』は、スニーカー文庫より第3巻まで発売中。

©久慈マサムネ/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:平つくね

[関連サイト]

『エクスタス・オンライン』特設サイト

スニーカー文庫公式サイト