オーバーラップ文庫刊『現実主義勇者の王国再建記』のコミカライズ連載が本日より開始 王位の委譲から始まる国造りファンタジー

現在、第4巻まで発売されているオーバーラップ文庫刊『現実主義勇者の王国再建記』のコミカライズ連載が、「コミックガルド」にて開始となった。本作は2017年現在「Pixiv」にて連載の行われている作品で、異世界に召喚されるも冒険に出ることなく、王位を譲られ国造りに着手することになる異世界施政ファンタジーを描いた作品。コミカライズの作画は上田悟司氏が担当しており、第1話「プロローグ」が30ページで公開された。王位を譲られて始まる国造りファンタジーがコミックでも幕を開けた。

【あらすじ】

「おお、勇者よ!」そんなお決まりのフレーズから異世界に召喚された相馬一也の冒険は――始まらなかった。富国強兵の献策が国王に気に入られてしまったソーマは、なんと王位を譲られてしまい――!? WEBで話題沸騰のかつてない革新的な内政ファンタジーが、ここに開幕!

⇒ コミカライズ版『現実主義勇者の王国再建記』はこちら

次回の更新は2017年8月10日(木)が予定されており、コミカライズの連載ペースは月イチとなりそうだ。物語の先の展開が気になる読者は、ぜひ原作小説も読んでもらいたい。『現実主義勇者の王国再建記』は、オーバーラップ文庫より第4巻まで発売中。

©どぜう丸/オーバーラップ イラスト:冬ゆき

[関連サイト]

『現実主義勇者の王国再建記』特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト