平成29年度第9回京都アニメーション大賞の開催が見送りに 平成30年度に第10回開催として新たなスタートへ

京都アニメーションが主催する小説大賞、平成29年度第9回京都アニメーション大賞の開催の見送りがこのたび発表された。見送りの理由については、平成30年度に第10回京都アニメーション大賞をよりパワーアップさせて開催するための準備期間にあてられるとのこと。今年度の募集開始を心待ちしていた方もいるかもしれないが、ぜひ来年度開催の同小説大賞にあらためて照準をあわせてもらいたい。

第5回京都アニメーション大賞「大賞」受賞作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

京都アニメーション大賞小説部門の受賞作は、2018年1月放送予定の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』をはじめ、その多くがアニメ化を果たすなど他の新人賞とはやや趣が異なる点も特徴的といえる。第9回開催は残念ながら見送りとなるが、パワーアップするという第10回開催には大きな注目が集まることは間違いない。平成30年度開催予定の同小説大賞に向けて、今から原稿の準備をしておきたい。

©暁佳奈/京都アニメーション イラスト:高瀬亜貴子

[関連サイト]

京都アニメーション大賞ページ

KAエスマ文庫公式サイト