MFブックス刊『マギクラフト・マイスター』のコミカライズ企画が進行中

2017年7月25日に最新12巻が発売となったMFブックス刊『マギクラフト・マイスター』のコミカライズ企画が進行中となっている。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界に召喚され、世界にたった一人の存在である魔法工学師(マギクラフト・マイスター)の後継者に選ばれた主人公のものづくり冒険譚を描く。2017年3月にはドラマCD化も行われており、主人公の二堂仁役を内山昂輝さんが演じていた。なお、コミカライズは「異世界コミック」にて連載が行われることになるようだ。

【第1巻あらすじ】

世界にたった一人の存在、魔法工学師(マギクラフト・マイスター)。その後継者に選ばれたのが主人公・二堂仁だ。しかし、転生した研究所には豊富な資材こそあれ食料の類は皆無。1000年もの間、後継者を探していた自動人形(オートマタ)を修復することはできても、自らの腹を満たすことは不可能の仁であった。やがて転移門(ワープゲート)を使い外出を試みた仁は、暴走により見知らぬ土地・カイナ村なる農村へと飛ばされてしまう。しばらくはこの地に留まり、発明を続けていく事にする仁。一方、覚醒した自動人形は自ら転移門へとその身を投じ、主の捜索へと旅立つ。仁と自動人形との再会や如何に? クラフト系漫遊記始動です!

コミカライズの作画担当者、連載開始時期などの詳細な情報は続報を楽しみにしたい。ドラマCD化も行われ、コミカライズも決定したこの機会に、ぜひ原作小説を手に取ってもらいたい。『マギクラフト・マイスター』は、MFブックスより第12巻まで発売中。

©秋ぎつね/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:ミユキルリア

[関連サイト]

MFブックス公式サイト