『メルヘン・メドヘン』はTVアニメとして2018年放送開始 キャストに楠木ともりさんやLynnさんなど

現在、第2巻まで発売されているダッシュエックス文庫刊『メルヘン・メドヘン』が、TVアニメとして2018年に放送されることが明らかとなった。本作は2016年に亡くなられた作家・松智洋氏の原案をもとにした作品で、原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちが、一流の「原書使い」になることを目指す物語を描く。アニメ公式サイト、ならびに公式Twitterが開設されたほか、キャスト第1弾&スタッフ情報も解禁。本作の総監督はTVアニメ『僕は友達が少ない』やTVアニメ『新妹魔王の契約者』などで監督を務めた斎藤久氏が担当し、監督をTVアニメ『彼女がフラグをおられたら』で副監督を務めた上田繁氏が担当する。また、アニメーション制作はフッズエンタテインメントが担当することも明らかとなった。

【あらすじ】

原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!

【キャスト】

鍵村葉月: 楠木ともり

土御門静: 末柄里恵

ユーミリア・カザン: Lynn

【スタッフ】

原案&シリーズ構成:松智洋

原案協力:StoryWorks

キャラクター原案:カントク

総監督:斎藤久

監督:上田繁

キャラクターデザイン:森川侑紀

アニメーション制作:フッズエンタテインメント

アニメーション制作を担当するフッズエンタテインメントは、TVアニメ『DRIFTERS』やTVアニメ『彼女がフラグをおられたら』などを担当していた制作会社となる。また、今夏開催されるコミックマーケット92にて、PVの公開も予告されているので楽しみにしたい。TVアニメ『メルヘン・メドヘン』は2018年放送開始。原作小説もダッシュエックス文庫より第2巻まで発売中。

©MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会

[関連サイト]

アニメ『メルヘン・メドヘン』公式サイト

『メルヘン・メドヘン』原作特設サイト

ダッシュエックス文庫公式サイト