『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のドラマCD試聴が公開

2017年8月23日に第6巻特装版に同梱して発売となるHJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』ドラマCDの試聴が公開された。本作は若くして名をはせる冒険者デイルが、森の中で出逢った魔人族の少女の保護者になることを決意して始まるアットホームファンタジーを描いた作品だ。ドラマCDでは原作第1巻の前半部分を中心に収録するほか、原作第4巻のとある名シーンのボイスドラマも収録予定となっている。日高里菜さん演じる可愛いラティナと、小林裕介さん演じる親バカ全開のデイルを一足早く聴いてもらいたい。

【ドラマCDキャスト】

デイル: 小林裕介

ラティナ: 日高里菜

ケニス: 田丸篤志

リタ: 松井恵理子

⇒ 試聴はこちら

【収録内容】

・原作第1巻の前半部分を中心に収録

・原作第4巻のとある名シーンのボイスドラマ化

・2017年10月25日発売予定のドラマCDに繋がる次回予告

・キャストフリートーク

さらに2017年10月25日には単品でドラマCDの発売も予定されているのであわせて注目しておきたい。ドラマCD第1弾の発売が迫る『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』は、HJノベルスより第5巻まで発売中。ドラマCDが同梱される特装版第6巻も、2017年8月23日に発売する。

©CHIROLU/ホビージャパン イラスト:景

[関連サイト]

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』ドラマCD特設サイト

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』特設ページ

HJノベルス公式サイト