『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』がシリーズ累計80万部を突破

2017年8月2日に第8巻が発売となった講談社ラノベ文庫刊『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』がシリーズ累計80万部を突破した。本作はゲーム内の魔王ディアヴロの姿で異世界へと召喚されてしまった主人公が、エルフの少女シェラと豹人族の少女レムと共に歩む異世界冒険譚を描いた作品だ。著者のむらさきゆきや氏はMF文庫J刊『14歳とイラストレーター』やファミ通文庫刊『覇剣の皇姫アルティーナ』などの人気シリーズも手掛けるヒットメーカー。本作は2015年より福田直叶氏作画のコミカライズ連載も行われており、小説とコミックの双方で大きな人気を獲得している。今後、更なるメディアミックスにも期待が寄せられている作品だ。

魔王、最強を超える!

【あらすじ】

ついにエルフ王となり、王妃シェラとの初夜がいろいろあって――ディアヴロたちはファルトラ市へ帰還する。エデルガルトのバイト先を訪ねたり、街を騒がす組織と対峙したり、クルムを洗ってやったり……!? しばしの休息のあと、一行は魔王領にある北の山を目指す。今のままでは大魔王モディナラームには勝てない、と考えたディアヴロは、さらなるレベルアップのため、剣聖を頼るのだった。「剣聖よ、この俺に剣術を指南するがよい!」「そ、そんな居丈高に言われたの、初めて……です」打倒大魔王のため、剣の道までも極める!? やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第八幕!

なお、今回発表されたシリーズ累計80万部という数字は電子書籍を含む数字となっている。コミックスでも紙の書籍と電子書籍の合算値を累計で公表する例も散見しており、電子を1ダウンロードではなく1部として扱い、合算値として公表していく流れは今後増加する可能性は十分ある。また、原作小説最新8巻とあわせて、8月9日にはコミックス第5巻も発売となるので、あわせてチェックしてもらいたい。『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』は、講談社ラノベ文庫より第8巻まで発売中。

©むらさきゆきや/講談社 イラスト:鶴崎貴大

[関連サイト]

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』原作公式サイト

講談社ラノベ文庫公式サイト