電撃文庫2017年8月刊行のラインナップをご紹介。『魔法科高校の劣等生23』『俺を好きなのはお前だけかよ6』など12冊

2017年8月10日に発売する電撃文庫8月刊行のラインナップ12冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

魔法科高校の劣等生23 孤立編

©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:石田可奈

遂に暴かれるトーラス・シルバーの正体。

その時達也が下した決断とは――!?

【あらすじ】

二〇九七年四月末。戦略級魔法の使用はブラジル軍だけにとどまらず、ギニア湾岸にて大亜連合により戦略級魔法『霹靂塔』が使用される。魔法が戦火を拡大し、世界を包んでいく。魔法を使った者への非難。魔法を作った者への非難。魔法師への逆風が強まる中、魔法の平和的利用として、USNAの研究者であるエドワード・クラークから『ディオーネー計画』という壮大な宇宙開発プロジェクトが提案される。そして、選ばれた人員の中にはトーラス・シルバーの名前が。これをきっかけに達也がトーラス・シルバーであることが白日の下にさらされてしまうのだった――。達也と深雪に新たな試練の時が訪れる。

ゼロから始める魔法の書X −ゼロの傭兵〈下〉−

©虎走かける/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:しずまよしのり

離ればなれになったゼロと傭兵を北の祭壇で待ち受けるのは──

シリーズ本編クライマックス!

【あらすじ】

ゼロとの離別により心身共に傷を負った傭兵。自由の利かない身体に苦しむ姿に仲間達は手を差し伸べるが、傭兵はそれを拒絶し、ゼロを追いかけるべく一人で町を飛び出してしまう。命を投げ出すような傭兵の行為に激怒する神父だが、その揺るぎない決意に根負けし、傭兵を町から正式に追放する決意を固める。館長の助言に従い、“泥闇の魔女”と敵対する悪魔達の力を借りる決断を下した傭兵だが、悪魔と勝ち目のない交戦をする絶望的な事態に。しかしそれこそが、館長の狙いだった。ゼロと傭兵が旅の果てに知る、世界の真実とは一体──。

俺を好きなのはお前だけかよ6

©駱駝/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ブリキ

ようこそ、ここがラブコメの最前線だ。

【あらすじ】

校内屈指の美少女であるひまわり、コスモス、あすなろ、そしてパンジーの四人からの愛の告白に、『究極の回答』を返した俺。……え? 『究極の回答』ってなんだって? ネタバレを恐れずに言うぜ。――前巻ラストをよんでくれ。さあーて、いよいよ始まる夏休み! 実はひまコスパンジーと、いろんな約束をしてたんだよな。流しそうめんに海水浴、花火大会も! 一生に一度、あるかないかの、幸せに満ち溢れた高校二年の夏休み!! 全てのイベントを、完膚なきまでに楽しんでやろうじゃねぇか!! だってのに、なんで俺の目の前には、ホースの親友・特正北風がいやがるんだ!?ん? 俺に相談がある? ま、まさか――! 波瀾万丈な夏がやってくる最新刊!!

勇者のセガレ2

©和ヶ原聡司/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:029

受験勉強>>>>>勇者修行!?

「勇者in所沢」な、庶民派ファンタジー第2弾!

【あらすじ】

高校3年生になって一発目のテストで、まさかの赤点を3つもとってしまった剣崎康雄。原因は異世界の危機を救うための勇者修行とあって、康雄を指導する魔導機士ディアナは責任を感じ家を出ると主張。剣崎家ではまたしても緊迫の家族会議が開催されることに。そんな康雄たちの前に、異世界からの新たな使者、ハリーヤが現れる。ディアナの上司だという銀髪美女は康雄の勇者修行に反対で、学校にまで追いかけてくる始末。追試の勉強もままならない中、ディアナとの関係を誤解した同級生の翔子ともギクシャクしたままで……。異世界を救う前に康雄の追試が大ピンチ!? 一体どうなる庶民派ファンタジー!

賭博師は祈らない2

©周藤蓮/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ニリツ

第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作、待望の第2巻!

賭博師と奴隷の少女、二人を待ち受ける障害とは――。

【あらすじ】

奴隷の少女リーラの救出劇から一週間。賭場を負かし一人の女を守った代償はしかし大きかった。「負けない、勝たない」をモットーにしていたラザルスは賭場に出向くこともできなくなり、帝都を旅立つことを決める。それは、少しずつ心を開き始めたリーラを連れての道楽旅行になるはずだったが……。「ねえ、ラザルス。私と結婚しましょ?」 道中立ち寄った村でラザルスを待ち受けていたのは、さる事情で窮地にある地主の娘エディスからの突然の求婚だった。一方、リーラは二人のやりとりを覗いてしまい、自分はラザルスにとって不要なのではないかと想い悩み始める。「奴隷」である彼女が出した結論とは――。少女たちの想いを受け、やがてラザルスは危険なギャンブルに打って出る。

キラプリおじさんと幼女先輩2

©岩沢藍/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:MikaPikazo

新たな幼女先輩現る!?

第23回電撃小説大賞《銀賞》受賞作、待望すぎる続編登場!!!!

【あらすじ】

「今日こそ勝っ…………てねぇぇぇ!」「私のコーデを勉強することね、2位」 女児向けアイドルアーケードゲーム「キラプリ」に情熱を注ぐ高校生・黒崎翔吾と小学生の新島千鶴。そんな二人の前に凄腕のキラプリプレイヤーが登場!?「アタシはめちゃカワ☆JSアイドル美咲丘芹菜!」 翔吾にますますロリコン疑惑が掛けられる中、全国のアミューズメント施設と連動した、「キラプリ」初の大型イベントが開催! 翔吾はこのイベントを利用して、千鶴に友達を作ってあげようと奔走するのだが……。夢いっぱいの遊園地を舞台に、もどかしくも熱い物語が再び!

迷宮料理人ナギの冒険2~消えた13区と新たなるレシピ~

©ゆうきりん/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:TAKTO

取り残された生存者を見つけ出せ!

迷宮サバイバル×料理ファンタジー第2弾!

&nbsp

【あらすじ】

「ついに、俺も冒険者にっ……!」 巨大なダンジョンへまるごと崩落した街・フライドエンド。最も下層へと落とされながら、辛くも人々が多く残る主街区へと生還した料理人の息子・ナギとその仲間たちに、ある依頼が舞い込んだ。魔法遣いたちの術によって連絡が取れていた街の生き残り区画の一つ、「13区」との交信が途絶えたのだ。13区の状況を確かめ、生存者を救出すること――。これを達成すれば公式に冒険者資格が下りるとあって、ナギは張り切ってその依頼に挑む。装備を整え、剣士ガローム率いる熟練の冒険者パーティとともに、再び迷宮サバイバルへと挑むナギたち。13区に一体何が起こったのか? 果たしてその真相は――!?

最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点5 その名は『ぶーぶー』

©鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:真早

アンデッドの軍勢ひしめく即死級ダンジョン、

新エリア【冥府】が開放されました!

【あらすじ】

少女型兵器アビスによって、ぶーぶーの持つ【兵輝】から【イベリコオーク】達の魂を救う方法に希望が見えたベアトリーチェ達。しかし、鍵を握る【冥府】は彼女達の想像を絶する脅威だった! 半分腐り落ちた巨大海洋生物のような【冥府】から、何度でも蘇るアンデッドの軍勢が迫り来る。【ブレイクニュース】総動員でも食い止めきれない状況に、人間達は異世界から離脱することに。しかし【冥府】の軍勢が地球へ侵攻する可能性が高まり、政府や軍部から身柄を狙われるベアトリーチェは、ぶーぶー達と【冥府】を攻略するため、グランズニールへと再び舞い戻る!

なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門

©夏海公司/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:Ixy

工兵VS立華の社内競合案件、決着!

萌えるSE残酷物語、シリーズ本編完結!

【あらすじ】

工兵、次郎丸、梅林 VS 立華、藤崎の対決となった総合商社二社のインフラ統合案件は、暗躍するスピリッティアの貝塚の介入もあり、業界全体を巻き込む事態に。国内の主要なIT企業を押えられ、案件を進める術を失った工兵が目を向けたのは……まさかのあの人物!? 一方、工兵の総務部への異動話も待ったなしの状況に。スルガシステムの未来と、立華のいるSE部を守ること、そして自身のエンジニアとしてのキャリアに悩む工兵の選ぶ道とは──。萌えるSE残酷物語、感動のシリーズ本編完結編!

霊感少女は箱の中2

©甲田学人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:ふゆの春秋

「……さあ、一緒にやろう? 私たちの『交霊会』」

鬼才・甲田学人が描く学園心霊ファンタジー、第二談!

【あらすじ】

少女失踪の心霊事件以降、ロザリア・サークルの代表・守屋真央が主催する「交霊会」の手伝いをすることになった柳瞳佳。そんな中、守屋のもとに同じ学校に通うテニス部所属の的場茜から心霊相談が舞い込む――それは「一人交霊会」を機に、人が全く変わってしまった親友・吉野美南海の調査だった。美南海の横顔に無数の目鼻が浮かび上がった写真。彼女を取り巻く友人たちに次々と起こる不可解な現象。そして調査をしていくうちにみえてきた美南海に取り憑く首つりの霊。全ての謎を追っていくうちに、やがて明らかになっていく哀しい真実とは――。

数字で救う! 弱小国家 電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。

©長田信織/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:紅緒

頼れるのは数字だけ!

読めばちょっとだけ『かしこさ』が上がる(!?)、救国戦記ファンタジー!

【あらすじ】

小国ファヴェールの王女・ソアラは悩んでいた。隣国との緊張が高まり、戦争の気配がちらつき始めた今、国力が低い自国を守るにはどうすればよいか。父王は病に倒れ、頼みの綱の家臣たちも、前時代的な「戦いの栄誉」ばかりを重視し、国を守る具体案を誰も持たないまま。このままファヴェールは滅ぶのか……。しかし、そんな時、彼女の前にある人物が現れた。《ナオキ》――後の歴史に《魔術師》の異名を残したその青年が扱う『数字』の理論と思考は、ソアラが求めた「国を救うための力」だった……! 異能ナシ、戦闘力ナシ、頼れるのは2人の頭脳だけ……! 理系青年と、敏腕王女が『戦争』という強敵に挑む『異世界数学戦記』、ここに登場!

青の聖騎士伝説II LAMENTATION OF THE EVIL SORCERER

©深沢美潮/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:米田仁士

『フォーチュン・クエスト』へと続く、シドの剣と聖騎士クレイ・ジュダの物語。

【あらすじ】

これは、『新フォーチュン・クエスト』シリーズの戦士クレイと、彼の曾祖父であり勇者デュアン・サークとも共に戦った伝説の青の聖騎士クレイ・ジュダ・アンダーソン――ふたりのクレイが手にすることとなる、名剣シドをめぐる物語。剣の創り手シドの決意の旅立ち、若き日の魔法使いサヴァランを巻き込んだ策謀、そしてすべての元凶・魔道士グラシェラの秘された過去に触れるクレイ・ジュダ……単行本に収録された三編に加え、『新フォーチュン・クエスト』本編にも登場した、グリーンドラゴンのジェームラウとクレイ・ジュダの運命的な出会いのエピソード「ジェームラウの章」を書き下ろし収録。待望の文庫版、第二巻!!

紹介ラインナップは2017年8月10日発売です。

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト