4年ぶりとなる書き下ろし新作『灼眼のシャナ アンフィシアター』が電撃文庫MAGAZINE Vol.57にて掲載

2005年から2012年に渡って3期のTVアニメシリーズが放送された電撃文庫刊『灼眼のシャナ』の書き下ろし完全新作『灼眼のシャナ アンフィシアター』が、2017年8月9日に発売した「電撃文庫MAGAZINE Vol.57」にて掲載された。雑誌掲載の新作は、同作の15周年を記念した作品となり、新世界「無何有鏡(ザナドゥ)」を舞台に描かれるシャナと坂井悠二の新たな物語として描かれる。4年の時を経て、電撃文庫の大ヒットシリーズが堂々登場した。

『灼眼のシャナ』は2002年から2012年にかけて本編、短編集あわせて26冊を刊行。学園異能ファンタジーとして人気を博し、シリーズ累計860万部を突破する大ヒットシリーズとなった。シリーズのスタートから15年目を迎えた同作の新作小説もぜひ読んでもらいたい。また、同誌では『ストライク・ザ・ブラッド』より、彩海学園の教師であり攻魔官でもある南宮那月の過去を綴った特別読切「Early Days」も掲載されている。

©高橋弥七郎/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:いとうのいぢ

[関連サイト]

TVアニメーション『灼眼のシャナ』公式サイト

電撃文庫公式サイト