『ありふれた職業で世界最強』の新プロジェクトが始動 外伝シリーズ刊行にドラマCD化、2017年冬には新たな発表も

現在、第6巻まで発売されているオーバーラップ文庫刊『ありふれた職業で世界最強』の新プロジェクトの始動が発表された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと召喚された主人公が、とあるクラスメイトの悪意によって奈落へと突き落とされて始まる“最強”ファンタジーとして描かれる。新たに動き出すプロジェクトは第1弾から第3弾まで用意されており、第1弾に外伝シリーズの書籍刊行、第2弾にドラマCD化が発表された。さらに2017年冬にも解禁予定の情報も控えており、シリーズ累計50万部を突破する人気作品が更なる飛躍に向けて大きく動き出そうとしている。

【第1巻あらすじ】

“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!? 脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」 奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!

『ありふれた職業で世界最強』新プロジェクト告知PV

プロジェクト第1弾の外伝シリーズでは、本編でも重要な鍵を握る七大迷宮を構築した”解放者”たちの物語が綴られることになる。主人公はミレディ・ライセンとオスカー・オルクスのコンビとなり、本編の主人公”ハジメ”へと至る零の物語として動き出す。

ドラマCDは、2017年12月25日に発売を予定している第7巻の特装版に同梱されることが決定。南雲ハジメ役を深町寿成さん、ユエ役を桑原由気さん、シア役を高橋未奈美さんがそれぞれ演じることも明らかとなった。そして、2017年冬に発表予定の情報にも俄然大きな注目が集まる。おそらくは最新7巻と外伝小説の同時発売にあわせる形での発表が想定されるわけだが、ファンからしてみればアニメ化という期待を抱かずにはいられないだろう。こちらは今後の続報を楽しみに待ちたい。怒涛の新プロジェクト始動が発表された『ありふれた職業で世界最強』は、オーバーラップ文庫より第6巻まで発売中。最新7巻通常版ならびにドラマCD付特装版、外伝小説『ありふれた職業で世界最強 零』も、2017年12月25日に発売する。

©白米良/オーバーラップ イラスト:たかやKi

[関連サイト]

『ありふれた職業で世界最強』公式ポータルサイト

『ありふれた職業で世界最強』原作特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト