TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』のキャストが発表 馬場善治役に小野大輔さん、林憲明役に梶裕貴さんなど

第20回電撃小説大賞「大賞」受賞作でメディアワークス文庫発のTVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』のキャスト情報とスタッフ情報が発表された。人口の3%が殺し屋の街・博多を舞台にした裏稼業の男たちの群像劇を描く本作。私立探偵の馬場善治役を小野大輔さん、新興マフィアの殺し屋林憲明役を梶裕貴さん、殺人請負会社新人社員の斉藤役を小林裕介さんがそれぞれ演じる。また、本作には中村悠一さん浪川大輔さんの出演も決定しており、2017年10月1日(日)開催の「電撃文庫 秋の祭典2017」のステージイベントにて配役の発表が予定されている。

【ストーリー】

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etc――、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れる――。第20回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作!

キャスト情報とあわせてスタッフ情報も発表されており、監督はアニメ『マクロスΔ』などで監督を務めた安田賢司氏が担当するほか、アニメーション制作をサテライトが担当することも明らかとなった。

【キャスト】

馬場善治: 小野大輔

林憲明: 梶裕貴

斉藤: 小林裕介

????: 中村悠一

????: 浪川大輔

【スタッフ】

原作:木崎ちあき(メディアワークス文庫刊)

キャラクター原案:一色箱

監督:安田賢司

シリーズ構成:ヤスカワショウゴ

キャラクターデザイン:井上英紀

音楽:中川幸太郎

アニメーション制作:サテライト

第20回電撃小説大賞「大賞」受賞作は、今年TVアニメ化も行われた電撃文庫刊『ゼロから始める魔法の書』に引き続き、2作品ともがTVアニメ化を果たすことになった。今後の続報も楽しみに待ちたい。TVアニメ化が決定している『博多豚骨ラーメンズ』は、メディアワークス文庫より第7巻まで発売中。

(C)2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

[関連サイト]

『博多豚骨ラーメンズ』特集サイト

メディアワークス文庫公式サイト