『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』のコミカライズ企画が進行中 不器用な兄妹がラノベで繋がるラブコメディ

2017年8月19日に第4巻が発売となったファンタジア文庫刊『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』のコミカライズ企画が進行中となっている。本作はラノベ作家を目指すも一向に一次選考落ちが続く兄に、才色兼備な妹が小説大賞の受賞を打ち明けて始まる異色のラブコメ作品。多くの葛藤を抱えながら、妹の代わりにラノベ作家としてデビューする主人公を中心に描かれる。シリーズスタート後も定期的に重版が行われており、じわじわと人気を集めている作品だ。気になるコミカライズの詳細については、今後の続報を待ちたい。

兄を好きな妹はフィクションなのか?

【第1巻あらすじ】

美少女で、成績優秀、生徒会長も務める中学三年生の妹――永見涼花。そんな妹が『兄を溺愛する妹の小説』を書いてラノベ大賞を受賞!? ラノベを知らない妹の代わりに兄の俺がデビューする……だと!?

コミカライズの作画担当者、連載媒体、連載開始時期などの詳細な情報は続報を楽しみにしたい。なお、原作小説は日刊試読タイムの記事で序盤の内容にも触れているので、興味を抱いた読者はぜひチェックしてもらいたい。コミカライズ企画も進行中の『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は、ファンタジア文庫より第4巻まで発売中。

©恵比須清司/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:ぎん太郎

[関連サイト]

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト