ライトノベル制作に関わりたい方向けのシェアハウスが西日暮里にオープン 入居者は600冊以上のライトノベルを自由に参照

CID株式会社は、ライトノベル制作に関わりたいクリエイター向けのシェアハウス「Shared Creator’s House 西日暮里」の入居者募集を、2017年8月21日(月)より開始した。共有スペースには600冊を超えるライトノベルがあり、入居者は無料で参照可能。ライトノベル作家を目指している人、ライトノベルの表紙絵、挿絵を描きたいイラストレーター、装丁デザインなど、入居者をライトノベル制作に関わりたい方に絞り、目標・夢へと切磋琢磨できるシェアハウスを目指している。

シェアハウスは西日暮里駅より徒歩約5分の立地となっており、間取りは3DK。敷金、礼金、契約金、保証金などの契約にかかる初期費用は0円。個室賃料は65,000円で、共益費は10,000円(水道光熱費、ネット代、消耗品費、書籍代込み)となっている。また、入居者特典として、ライトノベル雑誌の定期購読も実施する。毎月の入居者アンケートによるライトノベル購入を実施することで、シェアハウスごとに入居者に合った、ライトノベル研究の場にもなる。

【内観】

ほかにも入居者同士のコミュニケーションの場として、作品発表会やシェアハウスの入居者を集めた創作イベントへの参加、講習会や講座の開催なども予定されている。同じ方向を向いている人達と切磋琢磨したい方はぜひ申し込んでみてはいかがだろうか。

[関連サイト]

SCH公式ホームページ