HJ文庫2017年9月刊行のラインナップをご紹介。『戦うパン屋と機械じかけの看板娘7』『精霊幻想記8』など7冊

2017年9月1日に発売するHJ文庫2017年9月刊行のラインナップ7冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

戦うパン屋と機械じかけの看板娘7

©SOW/ホビージャパン イラスト:ザザ

次なる戦場は裁判所!? トッカーブロートに訪れる最大の危機!

【あらすじ】

スヴェンの前に広がったのは、強盗犯に立てこもるトッカーブロートの姿だった。立てこもり自体はルート(と、突入したスヴェン)によって無事解決したものの、これは最悪の始まりでしかなかった。“善意”の市民団体による抗議活動で客は減少、証人として出頭した裁判所では、ルートが戦時中に行った作戦が槍玉に上げられる。さらに、死んだとルートが思いこんでいたマリーまでも姿を現し、ルートは再び過去の亡霊に悩まされることに……。パン屋を諦めかけた相棒にスヴェンがとった行動とは!

魔術破りのリベンジ・マギア2.偽りの花嫁と神々の偽槍

©子子子子 子子子/ホビージャパン イラスト:伊吹のつ

ルーン魔術VS陰陽術! 伝説の武器が激突する!!

【あらすじ】

魔女学園で起きた事件のほとぼりも冷めきらぬ頃、突如フランセスの元に彼女の弟が訪れ、政略結婚の決定を告げてきた。晴栄との出会いを経て己の意志で歩み始めたフランは、その縁談を破棄すべく魔術の本場・欧州は独逸の啓明学園に向かう。その隣に彼女の人生を変えた“恩人”たる陰陽師を従えて――。「僕はお前が運命に抗い続ける限り、この手を伸ばすと約束した」レーヴァテイン、ブリューナクなどの術装を相手に、変幻自在の陰陽術で立ち向かえ! ハイエンド魔術バトルアクション第二弾!

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!

©内堀優一/ホビージャパン イラスト:希望つばめ

やっぱりどう考えてもお前、俺のこと好きだよな!?

【あらすじ】

高校入学から数ヶ月。大貫悟郎(おおぬきごろう)はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春(すぎさきこはる)に告白した。「小春! 好きだ! 俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」 「いや、無理ですから」 この一言であえなく玉砕! さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!? 両思いなのに付き合えない!? 一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!

やりなおし英雄の教育日誌

©涼暮皐/ホビージャパン イラスト:桑島黎音

過去に戻ってかつての仲間たちを育て上げろ!

【あらすじ】

魔界からの侵略を受けている世界。主人公・アキは仲間たちと共に魔族との決戦に挑むが、力及ばず敗北し、世界は滅んでしまった。魔女の協力を得て過去へ戻ったアキは、バッドエンドを迎えてしまった未来を変えるため、過去の自分たちの教師となり、より良い方向へと導くことを決意する。かつての仲間を救うため、再び世界を救うためのアキの戦いが今始まる!!。「――かかって来やがれ三流。教師<オレ>に勝てると思うなら!」

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 3

©手島史詞/ホビージャパン イラスト:COMTA

魔王の主催する船上パーティにご招待!

【あらすじ】

執事と娘が増え、賑やかになったザガンの居城。相変わらず不器用ながらも距離を縮めるザガンとネフィだが、突然ネフィが町で襲われるという事件が起こる。襲ってきたのは――肌の色の違うネフィに良く似た少女だった! その事件の直後、ザガン宛てに魔王の一人から船上で行われる<夜会>への招待状が届く。城のメンバーたちはその船上パーティへと、おめかしをして赴くが――。無愛想魔王と箱入りエルフが贈る大人気ラブコメファンタジー、豪華絢爛な第三巻!

造られしイノチとキレイなセカイ4

©緋月薙/ホビージャパン イラスト:ふーみ

素直になれなかった幼なじみと、ついにゴールイン!?

【あらすじ】

遺跡探索でイリスやリーゼの素性が明らかになり、その特異性から隣国の代表、ランカ・ユグドリウスと会うことになった一同。新たな出会いによって今まで以上にカップル増量の気配がする中、リミッターの外れたカリアス&フィアナも、新参者に負けじとイチャイチャっぷりを見せつけ、ついにその関係は行き着くところまで……!? 可愛さも、秘めたる能力もまさに「神クラス」の娘たちと一緒に、規格外の家族が送る“お祝いムード”の第4巻!

精霊幻想記8.追憶の彼方

©北山結莉/ホビージャパン イラスト:Riv

追憶の彼方を歩む少年に、少女たちの選択は――

【あらすじ】

奇しくも追い続けてきた宿敵と死闘を繰り広げることとなった大都市アマンドにて、遂に美春たちが捜す人物のひとり・皇沙月の情報を入手したリオ。折りよくリーゼロッテら貴族から、今までの功績に対する褒美の内容を求められていたリオは、勇者として召喚されたらしい沙月が出席するという夜会への参加を褒美として要求し、美春たちの待つ精霊の里へと帰還を果たす。一方、夢を通してリオが春人なのではないかという疑念を抱いた美春は、悩んだ末にとある人物へと話を持ち掛けるが――。

紹介ラインナップは2017年9月1日発売です。

[関連サイト]

HJ文庫公式サイト