【日刊試読タイム】『あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!』(HJ文庫)

東京ってそこいらの田舎よりコガネムシ多いと思うんですよ。

さて、今回はHJ文庫が2017年9月1日に発売する『あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

高校入学から数ヶ月。大貫悟郎(おおぬきごろう)はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春(すぎさきこはる)に告白した。「小春! 好きだ! 俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」 「いや、無理ですから」 この一言であえなく玉砕! さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!? 両思いなのに付き合えない!? 一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!

著者は内堀優一先生。イラストは希望つばめ先生。内堀優一先生は第3回HJ文庫大賞にて「奨励賞」を『笑わない科学者と時詠みの魔法使い』で受賞し、小説家としてもデビューした劇作家です。本作は十年以上温めてきた気持ちを幼馴染にぶつけ、玉砕して始まるラブコメ作品のようですね。試し読みでは約66ページ(試し読み全体の11ページから77ページ)が公開されています。挿絵も1枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

一世一代の告白は0.3秒で打ち砕かれた!

主人公は十年以上片思いを続けてきた高校生、大貫悟郎。その相手は生まれた年も一緒でマンションもお隣さん、同じ保育園に通い小中と同じクラスで過ごし、放課後には悟郎の部屋で一緒に過ごしてきた幼馴染の少女、杉崎小春。悟郎は温め続けてきたその想いを小春にぶつけるのです。「いや、無理ですから」。呆気なく撃沈し、もんどりうつ悟郎。ただ、一度断られてしまったとはいえ、まだチャンスはあるかもしれない。恐る恐る今後の可能性を問いただしてみるのですが、「0%」という無慈悲な答えだけが返ってくるのです。

付き合えない理由を聞けば卒倒するとまで言われ、泣く泣く理由を問いただすことを諦めます。そして、告白直後のフラれたばかりの悟郎に「あんた彼女を作りなさいよ」と更なる追い打ちをかけてくる幼馴染。意味も分からず混乱する悟郎ですが、小春以外の女の子のことを考える気持ちの余裕もないわけです。かくしてフラれた翌日、小春と出くわしたら気まずいという悩みを抱えたまま帰宅した悟郎を待ち受けていたのは、いつも通り悟郎の部屋でくつろぐ幼馴染みだったのです。

多少の気まずさこそあれ、これまでずっと一緒に過ごしてきた幼馴染。そして悟郎は意を決して問うのです。せめて恋人作りを強要する理由を知りたいと。そして告げられる事実。小春に彼氏ができたという現実を。一瞬でメンタルがボロボロになる悟郎は大号泣することになるも、未だ恋人作りを強要する論理的な理由が存在していないことにも気付かされます。知りたくないけど知りたい小春の彼氏の存在を、悟郎は涙を溢れさせながら問うのです。

試し読みでは、件の彼氏と一度もデートをしたことがないという小春にデートを勧めるところまでが公開されています。この物語で重要な点は小春が何かを隠しているという点、そして悟郎にも思わせぶりな態度や反応を多々見せている点が、今後の大きなポイントとなりそうですね。悟郎のネガティブハイテンションも楽しい要素として読める、注目のラブコメになりそうです。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©内堀優一/ホビージャパン イラスト:希望つばめ

[関連サイト]

『あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!』特設ページ

HJ文庫公式サイト