『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』のコミカライズが決定 乙女ゲームの悪役令嬢に転生へ

現在、第3巻まで発売されているビーズログ文庫刊『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまった主人公が、ゲームの展開にはない隣国の王太子に求婚されて始まる物語を描いた作品だ。第1巻発売翌月には重版が決定するなど、大きな注目を集めている。コミカライズは「B’s-LOG COMIC」にて連載が行われる予定となっている。気になるコミカライズの詳細については、今後の続報を待ちたい。

【第1巻あらすじ】

自国の王太子に婚約破棄を言い渡されたティアラローズ。「ここって私がプレイしていた乙女ゲームの中だ!」おまけに私が悪役令嬢!? どうやらゲームの悪役令嬢に転生してしまった! そしてストーリーはゲーム通りに進んでいく……のだが、ありえない出来事が! 隣国の王太子アクアスティードが、求婚をしてきた!! ここからはティアラローズにもまったく読めなくて!?

コミカライズの作画担当者、連載開始時期などの詳細な情報は続報を楽しみにしたい。『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、ビーズログ文庫より第3巻まで発売中。

©ぷにちゃん/KADOKAWA刊 イラスト:成瀬あけの

[関連サイト]

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト