小説賞「聖書×トークメーカーライトノベル新人賞」の座談会が開催 新人賞の攻略法などをテーマに

株式会社キリスト新聞社が小説投稿サイト「トークメーカー」で開催する小説賞、第1回「聖書×トークメーカー ライトノベル新人賞」について語る座談会の開催が決定した。座談会では本小説賞の攻略法や内実を語る関係者のオープンな座談会となり、一人でも多くの創作者の参加を目的として行われる。パネリストはキリスト新聞社の編集者である松谷信司氏、小説家・マンガ原作者の架神恭介氏、小説家兼経営者の至道流星氏の3人。キリスト新聞社とは、同新人賞の攻略法など、様々なテーマについて語る。

【座談会開催期間】

2017年9月13日(水)22:00~9月17日(日)22:00まで

【パネリスト】

松谷信司(編集者・キリスト新聞社)

架神恭介(小説家・マンガ原作者)

至道流星(小説家・経営者)

【主なテーマ】

・ゆるすぎるキリスト新聞社?

・キリスト教界の現状はこんな感じ!

・聖書と中二って相性良すぎじゃね?

・聖書は絶対ラノベ説~なぜ今、ラノベレーベルなのか?

・斜陽のラノベ界を、聖書ラノベが復活させる?

・ライトノベルだからこそ世界で勝負できる?

・ここだけの秘密! 聖書ラノベ新人賞の攻略法!

・結論、俺たちは新たな翻訳聖書を創造する(真顔)

⇒ 座談会はこちら

同小説賞への応募を検討している方は、ためになるお話を聞くことができるかもしれないので、ぜひ参加してみよう。

⇒ 第1回「聖書×トークメーカー ライトノベル新人賞」の詳細はこちら

[関連サイト]

株式会社キリスト出版社

小説投稿サイト「トークメーカー」