『七星のスバル』のTVアニメ化が決定

2017年9月20日に第6巻も発売となるガガガ文庫刊『七星のスバル』のTVアニメ化が発表された。本作はファミ通文庫刊『リーディング・ブラッド』やGA文庫刊『中古でも恋がしたい!』などで知られる田尾典丈氏のシリーズで、2015年より刊行をスタートした作品だ。物語の舞台は6年前に起こった死亡事故をきっかけにサービス終了となったMMORPG《ユニオン》の後継にあたる新タイトル《リユニオン》。ログインした世界で死んだはずの幼なじみとの再会という、大きな謎を抱えながらリアルとゲームがクロスする物語を描いていく。TVアニメ化の発表にあわせて特設サイトも公開された。

【第1巻あらすじ】

かつて世界的人気のMMORPG《ユニオン》で、伝説となったパーティがあった。名をスバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、それぞれのセンスでゲームの頂点を極めたが――ある死亡事故をきっかけに《ユニオン》はサービスを終了。幼なじみたちはバラバラになってしまう。……6年後。高校生の陽翔は、ログインした新生《リユニオン》でひとりの少女と再会する。スバルの仲間であり、6年前に死んだはずの幼なじみ――旭姫。彼女は電子の幽霊か、それとも……? リアルとゲームが交差する革新的青春オンライン!

今月23日にはガガガ文庫創刊10周年記念イベントも控える中、10周年を迎えるガガガ文庫から大きな発表が続いている。TVアニメの続報についても楽しみに待ちたい。TVアニメ化も発表された『七星のスバル』は、ガガガ文庫より第5巻まで発売中。最新6巻も2017年9月20日発売。

©田尾典丈/小学館 イラスト:ぶーた

[関連サイト]

『七星のスバル』特設サイト

ガガガ文庫公式サイト