【記事紹介】ラノベ質問状 笹本祐一さん作「ミニスカ宇宙海賊」編集者インタビュー

現在TVアニメを放送中の「モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)」の原作である、笹本祐一さん作「ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)」

MANTANWEBの「ラノベ質問状」のコーナーで、担当編集さんのインタビューが掲載されている。

同作は朝日ノベルスから刊行されているSFライトノベル。

リンク : <ラノベ質問状>「ミニスカ宇宙海賊」 仮題がそのままタイトルに 最初のイラストはズボン姿

【ミニスカ宇宙海賊】

宇宙ヨット部の部活や、レトロ喫茶店でのアルバイトに忙しい元気印の女子高生・茉莉香は、突然、死んだ父親の部下だと名乗る二人の男女から、宇宙海賊船弁天丸の船長就任の要請を受ける。一世紀前、独立戦争のどさくさの中で発行された私掠船免状によれば、船長の死んだ海賊船の存続は、直系の継嗣による世襲が絶対の条件らしいのだが―。新シリーズの痛快スペースオペラ、華麗に登場。

(「BOOK」データベースより)

TVアニメ「モーレツ宇宙海賊」は、全26話の放送を予定。

タイトルに反して、本格的なスペースオペラなので、SF好きはぜひチェックしてほしい。

笹本祐一さんは、1999年に『星のパイロット2 彗星狩り』、2005年に『ARIEL』で星雲賞日本長編部門を、『宇宙へのパスポート』で星雲賞ノンフィクション部門を受賞しているSF作家。

自身を「現役最古のラノベ作家」と称している。

スニーカー文庫からも「小娘オーバードライブ」シリーズを刊行している。

※ソノラマ文庫刊「小娘オーバードライブ」の復刊

[訂正] 「ラノベ質問状」は毎日新聞MANTANWEBの記事でしたので、リンク先を修正しました。

(C) 朝日新聞出版 笹本祐一/松本規之

[関連サイト] TVアニメ「モーレツ宇宙海賊」公式サイト

記事:逢坂肇

[商品データ]