【日刊試読タイム】『オール・ジョブ・ザ・ワールド』(ファンタジア文庫)

昨日から10度くらい気温が違う東京です……暑い。

さて、今回はファンタジア文庫が2017年9月20日に発売する『オール・ジョブ・ザ・ワールド』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

せがむな、せびるな、つかみ取れ。金も仕事も運命も——転職を繰り返すことで強くなる世界で、世界初の転職ができない最底辺の職業(ジョブ)である【遊び人】となってしまった少年ホールデン。さらにはトラブルに巻き込まれ、100億の借金まで負うこととなり——!?

著者は百瀬祐一郎先生。イラストはヤスダスズヒト先生。百瀬祐一郎先生はアニメーションの脚本などで活躍されている作家です。本作は就職率100%の世界で、遊び人の職業(?)を顕現させてしまった少年の物語のようですね。試し読みでは約45ページが公開されています。挿絵も2枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

被告、ホールデン・ドハーティに罰金100億ルードを命ずる。

主人公は職業訓練学校(ジュニア)の卒業生、ホールデン・ドハーティです。就職率100%を達成した世界ルードワルド。金こそが力の象徴であり、人は職業(ジョブ)なしには生きられず、生きるために働き、働くために生きる世界なのです。そんな世界でホールデンのもとには様々な会社(インク)からスカウトのメールが送られてきていたのです。それもそのはず。ホールデンは今期の卒業生の中で最高のステータスを有していたのです。

職業(ジョブ)がまだ与えられていないにも関わらず、既に引く手あまたのホールデン。目的を達成するために自らの手で稼ぎ、金(ちから)を手に入れる。ホールデンは様々な会社のスカウトに目を通しながら、最初の職業が与えられる、授職の儀の当日を迎えることになるのです。すべての新卒者にとって重要な意味を持つ最初の職業・天職(ライズジョブ)は、今後の転職にも大きな意味を持つことになるのです。

いよいよ授職の儀が始まり、今期の高ステータス者が続々と貴重な職業を顕現させていきます。そして今期ナンバーワンのステータスを有するホールデンにも大きな注目が集まります。告げられる固有職の顕現、さらには100万人に1人のスキル「永久職」が付与される衝撃的な組み合わせ。ざわめく会場と心の内で狂喜乱舞するホールデンでしたが、開示された職業は「遊び人」。さらに授職の儀はじまって以来の数値低下。ホールデンはエリート街道から一気に崖へと突き落とされてしまうのです。

試し読みでは、ホールデンが「遊び人」の職業を顕現させ、スキル「女殺し(ジゴロ)」を発動させてしまうところまでが公開されています。無意識に女の子を口説くことになるわ、国王の娘の唇まで奪ってしまうわ、もういっそ殺してくれと願うホールデン。冒頭の罰金100億にも物語はどのように繋がっていくのか、そしてホールデンに明るい未来があるのか注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©百瀬祐一郎/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:ヤスダスズヒト

[関連サイト]

『オール・ジョブ・ザ・ワールド』特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト