アルファポリスと東宝が業務提携へ 新たなクリエイターの発掘とヒットコンテンツの創出・育成を目指す

株式会社アルファポリスと東宝株式会社は、両社がそれぞれの分野で培ってきたノウハウを結集し、新たなクリエイターの発掘、および新たなヒットコンテンツを創出・育成していくことを目指した業務提携契約を締結した。背景にはWeb発のヒット書籍、それをもとにした映像作品が勢いを増している状況がある。また業務提携に伴い、アルファポリスにて毎月ジャンルを変えて開催されている賞レース「Webコンテンツ大賞」を、今後は東宝と共同で開催していくことになる。初の共同開催回となるWebコンテンツ大賞は2018年1月開催の「第10回絵本・児童書大賞」に決定した。

今後、随時東宝と共同開催されることになる「Webコンテンツ大賞」には、現在第10回を数える「ファンタジー小説大賞」などもある。初の共同開催となる「第10回絵本・児童書大賞」ではアルファポリスの編集部に加え、東宝のプロデューサー陣も共同で選考に参加するほか、優秀な作品は東宝からの映像化も検討される。来年以降の共同開催が期待される「ファンタジー小説大賞」でも同様の体制が予想されることから、注目度は大きく高まることになりそうだ。

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト

東宝オフィシャルサイト