『とらドラ!』がシリーズ累計500万部を突破 2年8ヶ月ぶりとなるコミックス最新刊が10月27日に発売

2017年10月27日に2年8ヶ月ぶりとなるコミカライズ最新8巻が発売となる電撃文庫刊『とらドラ!』が、シリーズ累計500万部を突破していることが明らかとなった。原作小説は2006年から2009年にかけて本編が全10巻で刊行。2008年から2009年にかけてTVアニメも放送され、超弩級ラブコメとして人気を博していた。コミカライズも2007年より現在も「電撃大王」にて連載が続いている。目つきは悪いが普通の高校生の高須竜児と、ちっちゃいのに凶暴獰猛な逢坂大河の恋物語は、原作小説が完結してもなお、コミックを中心に注目を集め続けている。

【コミックス第8巻あらすじ】

聖夜に恋の奇跡が舞い降りる? コミック版『とらドラ!』最新巻! 大河、北村、会長、それぞれの想いがぶつかり合う生徒会長選挙もいよいよ決着。そして選挙が終われば季節はクリスマス。大河は竜児に、ある作戦を提案するのだが……?竜児、ついに決意の××へ!

また、電撃25周年×モンストのコラボ企画では『とらドラ!』より逢坂大河も登場。コラボ開始日となった2017年10月17日には、Twitterにて「とらドラ」や「手乗りタイガー」がトレンド入りを果たすなどして話題を呼んだ。今もなお語り継がれるラブコメの金字塔を、この機会にぜひ原作小説やコミックスで振り返ってもらいたい。『とらドラ!』コミックス第8巻は、電撃コミックスより2017年10月27日発売。

©竹宮ゆゆこ・絶叫ヤス/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊

[関連サイト]

とらドラ!|月刊コミック電撃大王公式サイト

電撃文庫公式サイト