紙書籍のWEB販促ツール「NetGalley」日本版のサービスが開始

株式会社出版デジタル機構は、Webを活用した紙の書籍の販促支援ソリューション「NetGalley」日本版サービスの提供を2017年10月17日より正式に開始した。本サービスは発売前の原稿を一足早く配付し、インフルエンサーをはじめとした本好きの情報発信者から作品のより広域な情報拡散を狙いとするサービスだ。今後は会員の募集を大々的に開始するほか、取扱いジャンルにはラノベも含まれており、サービスの展開に注目が集まる。

※NetGalleyサイトより

本サービスは、書店員や図書館員、教育関係者やネット上のブロガーなど、プロフェッショナルな側面を持った「本の応援団」ともいうべき読者に対して、発売前の書籍のゲラ(英語でGalley)や見本をセキュリティの施された電子コンテンツ形態で配布する仕組みとなる。こうした読者は無料で本サービスを利用することができる上、興味のある作品のゲラを出版社にリクエストすることができる。また、出版社によってリクエストを承認された読者は、発売前の本を読んでレビューを書いたり、作品内容やカバーデザインを評価したりするなど、様々なフィードバックを行うことができる。「NetGalley」を通じた出版社と影響力のある読者との相互作用により、これから刊行される書籍の情報がネットを通じて広く拡散されることを狙いとしている。一方出版社は、発売前の書籍に関する貴重なフィードバック情報を入手することができるようになる。

「NetGalley」はアメリカのNetGalleyLLCが提供するサービスであり、北米では大手を含む300以上の出版社に利用されている。本サービスはアメリカのみならず、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツでも展開されており、日本版の運営は出版デジタル機構が実施する。これまでは7社でテストを実施していたが本格稼働によって、新たに10社が加わり、17社から作品の提供を受けることになる。書店関係者を中心とした700名ほどのテスト会員を核に、今後は「本の応援団」を志す会員の募集も大々的に開始する。

【参加出版社】

KADOKAWA/幻冬舎/講談社/光文社/集英社/小学館/ディスカヴァー・トゥエンティワン/朝日新聞出版/イースト・プレス/秀和システム/主婦の友社/竹書房/トランスビュー/白泉社/PHP研究所/ブリッジ/マガジンハウス ※順不同

[関連サイト]

NetGalley

株式会社出版デジタル機構