【日刊試読タイム】『山本五十子の決断』(ファンタジア文庫)

冬でした。

さて、今回はファンタジア文庫が2017年10月20日に発売する『山本五十子の決断』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

目の前に現れたのは戦艦大和。頭上に飛ぶのは九六式艦上戦闘機。高校生・源葉洋平は修学旅行中、第二次大戦時代に酷似した世界に飛ばされた。そこで、彼が出会ったのは…「おめでとう、君はこの大和に乗艦した初めての男の人だよ」 伝説の名将・山本五十六ではなく、五十子と名乗る女の子!? 小柄で不思議系な天才大佐や、血の気は多いけど可愛い一面もある少将などなど美少女だらけの艦で過ごし、問題を解決するうちに一目置かれていく洋平。そんな彼を五十子は特務参謀に指名して…!? 洋平は敗北の運命を覆し、彼女たちを救えるのか!? 現代高校生と美少女提督の軍事系ラブコメ戦記、開戦!

著者は如月真弘先生。イラストは珈琲猫先生。如月真弘先生は第1回カクヨムWeb小説コンテストにて「特別賞」を本作で受賞し、デビューされる作家です。海軍シミュレーション好きの高校生が、自分がいた元の世界に酷似した世界の過去を舞台にした物語のようですね。試し読みでは約60ページが公開されています。挿絵も3枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

海軍乙女たちを待ち受けるのは過酷で悲惨な運命か、それとも……。

主人公は海戦シミュレーションゲームをこよなく愛する高校生、源葉洋平。修学旅行の自由行動で大和ミュージアムを訪れていたはずの洋平の目の前に広がったのは、海から見上げる一分の一スケールの戦艦だったのです。自分は何を見ているのか、模型を見ていたはずではなかったのか。憧れの戦艦を目前に、海の中へと沈もうとしていたところを何者かによって助けられるのです。気付くとそこは医務室のような場所で、どうして自分がこの場所にいるのか、ミュージアムを訪れていたところから記憶を掘り起こすこともできず……。

医務室を抜け出した洋平の前に広がる光景は戦闘機に対空機銃、そして戦艦、そのすべてが本物。興奮冷めやらぬ洋平でしたが、不審者として見つかり女の子たちに取り押さえられてしまうのです。ヒト男性が海に入れないこの世界、洋平は戦艦大和に乗艦した初めての男性となるのです。戦艦名をはじめ、聞き覚えのある単語に記憶と歴史の知識を掘り返し、片や聞こえてくる知らない元号や国名に頭を捻ります。それでもこの世界が洋平にとっての現代から、70年以上も前の過去に近い世界であることを知るのです。

洋平の知る過去と似ているものの、海は海軍乙女の園であり、歴史上の人物を置き換えたような少女たちの存在。連合艦隊司令長官も山本五十六……ではなく山本五十子と名乗る少女で。歴史という知識を持つ未来人の出現にも関わらず、五十子は洋平に戦局に関する話を一切訊くことはなかったのです。洋平の持ち物から今より明るく楽しい未来を想像した少女は、たとえ元の世界に戻れなくても戦争に巻き込まれず、客人として安全な場所で過ごして欲しいという、そんな願いを口にするのです。

試し読みでは、洋平が海軍少女たちのお風呂を覗いてしまうところまでが公開されています。自分のいた現実世界とは異なる世界でありながら、自身の知っている歴史と同じ運命を辿るとするならば、戦艦大和をはじめ海軍乙女たちには過酷で悲惨な運命が待ち受けている、そんな嫌な予感を胸に秘める洋平。彼は客人として過ごすことを選ぶのか、それとも異なる道を歩もうとするのか、注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©如月真弘/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:珈琲猫

[関連サイト]

ファンタジア文庫公式サイト