第10回京都アニメーション大賞の作品募集が開始 「大賞」受賞作はアニメ化・文庫化決定など刷新

京都アニメーションが主催する小説大賞、第10回京都アニメーション大賞の応募受付が開始となった。本小説賞は今夏、第9回開催を本小説賞のパワーアップを図るために見送りを発表。第10回は来年度の開催が想定されていたのだが、このたび来年度に向けて作品の募集がスタートした。第10回開催概要で最も目を惹いたのは、「大賞」受賞作の文庫化、そしてアニメ化決定の文字だ。つまり「大賞」受賞作はもれなくアニメ化も確約されることになる。

第5回京都アニメーション大賞「大賞」受賞作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

【応募期間】

2018年5月末日(当日消印有効)

【賞・賞金】

大賞:表彰状+100万円+アニメ化・文庫化決定

奨励賞:表彰状+50万円+アニメ化・文庫化候補

KAエスマ文庫特別賞:表彰状+10万円+文庫化候補

一方で、受賞時にもたらされる恩恵が大きいゆえに、そのハードルが決して低くないことは想像に容易い。過去の受賞状況を振り返っても、過去8回の開催において「大賞」は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の1作のみ。さらに受賞該当作品なしという事例も2回存在する。それでもアニメ化が決定するという事実が魅力的であることは間違いない。我こそはという方はぜひ「大賞」を目指して応募してもらいたい。

©暁佳奈/京都アニメーション イラスト:高瀬亜貴子

[関連サイト]

京都アニメーション大賞ページ

KAエスマ文庫公式サイト