『望まぬ不死の冒険者』のコミカライズが早くも決定 龍に喰われスケルトンとして目覚めた冒険者の物語

2017年10月25日に第1巻が発売したばかりのオーバーラップノベルス刊『望まぬ不死の冒険者』のコミカライズが早くも決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、不運にも龍と遭遇し、龍に喰われてしまった下位冒険者がスケルトンとして目覚めて始まる冒険録を描く。コミカライズの作画は中曽根ハイジ氏が担当することも決定しており、「コミックガルド」にて連載がスタートする。

【あらすじ】

最高の神銀級冒険者を目指し早十年。おちこぼれ銅級冒険者のレントは、ソロで潜った《水月の迷宮》で《龍》と遭遇し、その圧倒的な力の前に為す術なく喰われた。――そして、レントは“目覚めた”。なぜか最弱モンスター「スケルトン」の姿で……!? レントは討伐を回避するため、魔物の『存在進化』――魔物を倒して経験を積み、上位の魔物へ進化することを目指す。存在進化して「グール」になれば、人間だと誤魔化せるかもしれない。その最中、レントはついに人間の駆け出し冒険者リナ・ルパージュと出会う。魔物からリナを助けたレントは、存在進化で新しく得た力の強さを知り……!? 強大な魔物と戦い、多くの謎に出会い、そして強くなる。死してもなお遙かなる神銀級を目指して、不死者レントの『冒険』がいま、始まりを告げる――!

コミカライズの連載は2017年11月25日より「コミックガルド」にてスタートする予定だ。第1巻発売とあわせてコミカライズが決定したこの機会に、ぜひ原作小説も手に取ってもらいたい。『望まぬ不死の冒険者』は、オーバーラップノベルスより第1巻まで発売中。最新2巻も2017年12月25日に発売する。

©丘野優/オーバーラップ イラスト:じゃいあん

[関連サイト]

『望まぬ不死の冒険者』特設サイト

オーバーラップノベルス公式サイト