MFブックス2017年10月刊行のラインナップをご紹介。『無職転生16』『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む4』など4冊

2017年10月25日に発売となったMFブックス10月刊行のラインナップ4冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

無職転生16 ~異世界行ったら本気だす~

©理不尽な孫の手/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:シロタカ

配下としての初任務!? 打倒ヒトガミへの布石を打て!!

【あらすじ】

龍神オルステッドの配下となり、エリスを妻として迎えることになったルーデウス。家を守ってくれる守護魔獣を召喚したりして、ひとまず平穏な日々を取り戻していた。そんなある日、彼にオルステッドから“アスラ王国第二王女であるアリエルを王にする”という初任務が下される。「危険は無いと聞いていますが、仮にも迷宮と呼ばれる場所です。注意していきましょう」 甲龍王ペルギウスの後ろ盾を手に入れるためのヒントを探しに、図書迷宮に行くルーデウスたち。そうして初代国王の資料を探している中、ある日記を見つけることになる! その日記の著者、内容とは……!? 新作書き下ろしストーリーが加わった、人生やり直し型転生ファンタジー第十六弾がここに始まる!!

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む4~欲沈みの商人~

©木塚ネロ/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:真空

商人への拷問執行を開始!

【あらすじ】

二度目の異世界で復讐の旅をする海人は、獣人少女のミナリスとダークエルフのシュリアという二人の共犯者と共に、国際貿易都市『ダートラス』へ到着する。そこは一度目の時に裏切られた商人グロンドが、商会会頭として大きな権益を握っている街だった。彼は金のためなら殺人もする、手段を選ばない強欲な商人で、街の人々を支配していた。グロンド商会にはフェグナーとノノリックという残酷な殺人鬼たちがいて、ボディーガードも兼ねている。海人たちは手始めに彼らを罠にはめて、グロンドを孤立させる。追い詰められて街から逃げ出したグロンドの前に、嘲笑を湛えながら現れた海人は、作っておいた穴の奥底に強欲な悪党を突き落として、死より苦しい拷問執行を開始する。「今度はお前が、踊って踊って踊って、――――絶望の底で、乱れ死ね!」 金の亡者に対して心まで折って命を奪い取る、壮絶な異世界復讐ファンタジー第四弾!

田舎のホームセンター男の自由な異世界生活

©うさぴょん/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:市丸きすけ

生産スキルと肉体強化のみでDIYしながら、異世界を自由に生活するよ。

【あらすじ】

神様同士の賭けの代償として異世界に飛ばされてしまった、田舎のホームセンター勤務で36歳・独身の鳴海優(ナルウミ・マサル)。理不尽な異世界転移と引き換えに、彼が駄女神から与えられたのは、一般生活レベルの生産スキルばかりと肉体強化のみ!? 元ホームセンター職員のマサルは現代のDIY知識を活用しながら、称号《無類の生産好き》《スキル収集家》にわずかな期待をして、異世界で生活し始める。「異世界だから、わたしは自由にやりたいようにやっていくよ」 生産スキルと少し物理チートを持ったマサルの、気ままな異世界ドタバタ生活、開始!

世界樹の上に村を作ってみませんか3

©氷純/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:宮井晴輝

異色の異世界都市開発物語、いよいよ最終章へ突入!

【あらすじ】

世界樹北側の枝にアマネが興した小さな村・タカクス。リシェイやメルミー、そして村人たちの熱意と努力によって開拓は順調に進み、気がつけばタカクスは、誕生から八年という驚くべきスピードで村から町へと昇格する程に成長していた。その後も移住や合併によって人口は順調に増え続け、さらには熱源管理官の資格を持ったテテンの加入、治療院や教会といった施設拡充と、成長目覚ましいタカクス町。リシェイとメルミーの二人を妻に迎え入れたアマネは、気持ちを新たに超高層都市・摩天楼化を目指す――のだが、未曾有の脅威がタカクスに忍び寄り……!? 異色の異世界都市開発物語、いよいよ最終章へ突入! 順風満帆だったタカクスに突如降りかかる最悪の危機。この事態にアマネが取った行動とは!?

紹介ラインナップは発売中です。

[関連サイト]

MFブックス公式サイト