『幼女戦記』よりグルメ×日常をテーマにしたスピンオフコミカライズ『幼女戦記食堂』の連載が決定

現在、第8巻まで発売されているエンターブレイン単行本『幼女戦記』のスピンオフコミックの始動が発表された。本作はシリーズ累計270万部を突破、2016年4月よりコミカライズの連載、そして2017年1月から3月にかけてTVアニメも放送された人気シリーズだ。スピンオフコミック『幼女戦記食堂』ではグルメ+日常をテーマにしてストーリーが展開されることになる。スピンオフの作画は京一氏が担当することも決定。待望のスピンオフシリーズは本編とは大きく異なる切り口で始動することになりそうだ。

スピンオフコミックは作画・東條チカ氏による本編コミカライズが連載されている「コンプエース」にて2017年11月25日発売号より連載開始となる。連載開始号では一挙2話の同時掲載が行われる。スピンオフコミックも始動する『幼女戦記』は、エンターブレイン単行本より第8巻まで発売中。また、2017年11月10日にはドラマCD付特装版コミックス第7巻も発売となる。

©カルロ・ゼン/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:篠月しのぶ

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト