『エノク第二部隊の遠征ごはん』のコミカライズが決定 配属部隊の食事事情に森の妖精の少女が挑む

現在、第1巻が発売されているGCノベルズ刊『エノク第二部隊の遠征ごはん』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、王国騎士団に就職したフォレ・エルフの少女が、衛生兵として配属された部隊の食事事情に挑むグルメファンタジーを描く。コミカライズの作画は福原蓮士氏が担当することも決定しており、無料漫画サイト「ComicWalker」にて、2017年11月13日より連載を開始する。

【あらすじ】

「美しき森の妖精」フォレ・エルフに生まれたものの、貧乏・不器量・無魔力の三重苦に苛まれる少女メル・リスリス。可愛い妹たちをせめて貧乏から救い出したいと、王国騎士団エノクに就職することに。四人しかメンバーがいない第二遠征部隊に衛生兵として配属された彼女がそこで見たものは――石のように硬いパン、噛み切れない謎の干し肉だった!? こんな食事は許せない! 遠征先でも美味しいごはんを食べるため、森の妖精の知恵を武器にリスリス衛生兵の戦いが、今始まる。

第1巻は発売直後に重版も行われており、注目を集めているシリーズとなっている。コミカライズを間近に控えたこの機会に、ぜひ原作小説を手に取ってもらいたい。『エノク第二部隊の遠征ごはん』は、GCノベルズより第1巻が発売中。

©江本マシメサ/マイクロマガジン社 イラスト:赤井てら

[関連サイト]

『エノク第二部隊の遠征ごはん』特設サイト

GCノベルズ公式サイト

エノク第二部隊の遠征ごはん 1

江本マシメサ(著), 赤井てら(イラスト)