【日刊試読タイム】『うさみみ少女はオレの嫁!?』(電撃文庫)

天気予報が最近アテにならない……。

さて、今回は電撃文庫が2017年11月10日に発売する『うさみみ少女はオレの嫁!?』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

YOUは何しに月面へ?――UFOにひかれたら、そこは月の上でした。どうやらオレを(はねとばして)さらったのは「月の民」第一王女の輝夜(かぐや)という宇宙人らしい。その破天荒なお姫様は、なんと「うさみみ姿の美少女」だった。地球ラブな輝夜は、可愛いけどどこかズレてる……政略結婚から逃れるためニセ夫婦になって月で同棲しろと言う。しかもウソだとバレたら死刑らしい……。何コレ強制力すごいんですけど。異文化交流の域こえてるんですけどー!? 平安京みたいな「月の都」を舞台に女王(冷徹)や輝夜の婿候補(超人)とドタバタしちゃうんだって……オレどうなるの!?

著者は間宮夏生先生。イラストはフルーツパンチ先生。間宮夏生先生は第16回電撃小説大賞にて最終選考に残り、『月光』でデビューされた作家です。本作はUFOに轢かれ月に連れ去られた少年と、月の民の少女のラブが薄そうな怒涛のコメディ作品のようですね。試し読みでは約60ページが公開されています。挿絵は確認できませんが、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

人生最悪のその日、UFOに撥ねられました。「んなアホな」

主人公は嫌なことがあると月を眺める、そんな習慣を持つ高校生の浦島麟太。事故で両親を亡くし、ふたりの抱いていた「いつか月へ」という想いを、残された麟太はふたりの代わりに夢見ていたのです。そんなある日、麟太は人生最悪と言ってもいい日を迎えます。高校生活で戦友とも言える友人たちに発覚する彼女の存在、劇的な高校デビューの末イケメン先輩と良い雰囲気になる知り合いの女子、そんな光景を目撃して階段からも転落してしまうのです。スマホの画面は割れ、ゲームデータは吹っ飛び、財布を落とし、しまいには走って辿り着いた大橋の欄干が外れてしまう、そんな一日なのです。

寄りかかった欄干が外れ橋から落下した麟太はしょうもない走馬灯にツッコミを入れながら、視界にヘッドライトが映ることに気付くのです。落下中に車が目に入るはずもなく、よくよく目を凝らすとそれは円盤型のUFO。橋から落下する麟太は、うさみみ少女が運転するUFOに撥ねられ、その人生を終えることに……はならないのです。UFOに轢かれ、目覚めると紋付き袴姿となっている麟太。現れた白無垢の少女に「月が綺麗ですね!」と告白を受けることになるのです。その少女は麟太を撥ねたUFOの操縦桿を握っていたあのうさみみ少女で。

月の民の第一王女であるといううさみみ少女こと、竜宮輝夜に結婚を迫られる麟太。このままでは頭がおかしくなってしまう。紋付き袴姿であることなど気にせず、麟太は帰るために玄関の扉を開け放つのです。そこは見渡す限りの宇宙空間。そしてその漆黒の世界には、青い星が浮かんでいたのです。さらに麟太を襲う呼吸困難と急激な寒気。つまり、地球人は宇宙空間で活動することができないことを身をもってしらされることになるのです。

試し読みでは、自分を轢いたうさみみ少女に命の恩人と名乗られるマッチポンプの被害にあった麟太が、結婚劇の全貌を知るところまでが公開されています。天然毒舌第一王女とツッコミ王と化している麟太の会話劇も見どころのひとつとなりそうですね。二人で決めた偽装結婚。輝夜に振り回されながら、無事麟太が生きて地球に帰還できるのか、コミカルなコメディ展開とあわせて期待です。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©間宮夏生/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:フルーツパンチ

[関連サイト]

『うさみみ少女はオレの嫁!?』公式ページ

電撃文庫公式サイト