『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』&『異世界のんびり農家』のコミカライズ連載が本日発売のドラゴンエイジ12月号より同時スタート

MF文庫J刊『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』、そしてエンターブレイン単行本『異世界のんびり農家』のコミカライズ連載が、2017年11月9日発売の「ドラゴンエイジ12月号」より同時スタートした。『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』は、現在第3巻まで発売されている作品で、ラブレターに添えられたパンツの持ち主を探す世にも奇妙なシンデレラストーリーを描く。ラノベニュースオンラインアワードでも「萌えた部門」にて第1巻と第3巻がそれぞれ選出されるなど、日に日に注目が増している人気シリーズだ。コミカライズの作画はCHuN氏iimAn氏のコンビが担当しており、第1話が巻中カラーで掲載された。

【原作小説第1巻あらすじ】

俺、桐生慧輝はある日、差出人不明で自分宛てのラブレターを見つけた! その場の状況から差出人の可能性がある人物は所属している書道部の関係者たちの巨乳で美人な先輩、素直な子犬っぽい後輩、距離感の近い同級生、兄想いの妹(はありえないか)の内の誰かということに。正直、誰に転んでも良いことしかない! けれど意気揚々と中を確認しようとしたら、そのラブレターにはなぜか女の子のパンツが添えられていて……。ま、まぁそんなことはどうでもいいよね。とにかく差出人をこの四人の中から見つけ出さなければ! 待ってろ、未来の俺の彼女!! そして後日、俺はあの日のぬか喜びを後悔することになる―――。

『異世界のんびり農家』は、2017年10月30日に第1巻が発売したばかりの気鋭のシリーズとなる。小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと蘇生・転移させられた青年が、農業を楽しむ第二の人生を描いたスローライフ&農業ファンタジーを描く。コミカライズの作画は剣康之氏が担当しており、第1話「よくある異世界転移」が巻中カラーで掲載された。

【原作小説第1巻あらすじ】

闘病の末に命を落とした青年・火楽(ヒラク)は、神様によって蘇生され、若返って異世界に転移した。第二の人生、のんびり農業を楽しむために! 神様に授けられた『万能農具』を手に、自由気ままに異世界を切り拓く! そこに天使や吸血鬼、エルフに竜まで現れて……。あっという間に村になり、気付けば俺が村長に!? スローライフ・農業ファンタジー、ここに開幕!

同時に連載開始となった『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』&『異世界のんびり農家』。コミック版を読んで先の展開が気になった読者は、ぜひ各原作小説も読んでもらいたい。『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』は、MF文庫Jより第3巻まで発売中。『異世界のんびり農家』もエンターブレイン単行本より第1巻が発売中。

©花間燈/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:sune

©内藤騎之介/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:やすも

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト

エンターブレイン公式サイト