『異世界駅舎の喫茶店』×スープカレーカムイの第2弾期間限定コラボフェアの開催が決定

現在、第2巻まで発売されている宝島社単行本『異世界駅舎の喫茶店』と、東京・秋葉原にある「スープカレーカムイ」の期間限定コラボの開催が決定した。2017年11月13日(月)~11月19日(日)の1週間限定開催となり、コラボカレーの販売を実施すると共に、コラボメニューを注文した方へ2種類の特製ポストカードをプレゼントする。関東近郊にお住まいの方はぜひ足を運んでもらいたい。

【第2巻あらすじ】

異世界の終着駅で喫茶店『ツバメ』を開いているタクミと、看板娘のニャーチ。『ツバメ』の個性豊かな料理が評判を呼び、今日も駅舎は満員御礼。そして、『ツバメ』を訪れる人は、皆、料理にかかわる大切な思い出がある様子。新人駅員と、おばあちゃんのカボチャ。身寄りのない少女と、聖夜の母親の料理。そして、タクミにも、「思い出の味」があるようで……。今日も『ツバメ』には、おいしい思い出がやってくる。

コラボカレーは本作第9話に登場したジンジャーポークをスープカレーとコラボした「ジンジャーポークカレー」となり、開催期間の各日17:00より20食限定で販売する(19日のみ11:00より30食限定)。本作とは2回目のコラボとなっており、話題を呼んでいるコミカライズ版から本作を知った方などもぜひ足を運んでみてもらいたい。『異世界駅舎の喫茶店』は、宝島社単行本より第2巻まで発売中。

©Swind/宝島社 イラスト:pon-marsh

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト