ガガガ文庫2017年11月刊行のラインナップをご紹介。『弱キャラ友崎くんLv.5』『俺の立ち位置はココじゃない!』など6冊

2017年11月17日に発売するガガガ文庫11月刊行のラインナップ5冊+1冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

弱キャラ友崎くんLv.5

©屋久ユウキ/小学館 イラスト:フライ

強キャラの弟子ができました。

【あらすじ】

教室での一件を受けて、まさかの師弟関係と相成った俺とたまちゃん。表情、姿勢、喋り方。俺は師匠として、自分が『リア充』になるために重ねてきた努力とノウハウを、たまちゃんに伝えていく。一方、日南は日南で、裏でなにやら動いていて――。相反する考え方で問題に向き合う俺たちは、やっぱり協力はできない。でも、『大切な目的のためなら、自分を曲げるのも辞さない』こと。この戦い方はきっと、俺が誰かさんに教えてもらったことなのだ。――大人気人生攻略ラブコメ、待望の第5弾!

年下寮母(おかーさん)に甘えていいですよ?

©今慈ムジナ/小学館 イラスト:はねこと

これからは私があなたのおかーさんです♪

【あらすじ】

僕は四ノ宮優斗。高校生だてらに自立した立派な大人だ。ある日出会ったのは、中学生にしか見えない自称寮母の九段下あるて。あれよあれよと、彼女の学生寮に住むことになったのだが――。「これからは私があなたのおかーさんです♪」なぜか『おかーさん』呼びを強要してくる。しかもそれだけじゃない。「おかーさんの胸で甘えてくださいね?」……だから、自立した大人は年下の女の子に甘えたりしないんだって! 頼むから帰ってきてくれ僕の平穏な生活! 甘やかしたがり年下寮母と人生お疲れ高校生が織りなす新感覚バブコメ爆誕!

俺の立ち位置はココじゃない!

©宇津田晴/小学館 イラスト:おしおしお

姫様系男子と王子様系女子のマリアージュ!

【あらすじ】

かわいらしい顔と低めの身長が愛らしい少年・須永公平。彼は「カッコイイ男(≒王子)」を目指して、高校デビューを目論んでいた。ところがどっこい、受かった先の高校で、いかにも王子なイケメン女子・新海光瑠にであってしまう。勝手に彼女をライバル扱いする公平だったが、その少女もまた、かわいいと思われたいのに王子扱いされてきた、可哀想な過去があり……? カッコイイ男になりたい「姫系男子」と、可愛い女の子になりたい「王子系女子」。二人の報われない少年少女が織りなす、立場入れ替え系残念学園ラブコメディ!!

ストライクフォール3

©長谷敏司/小学館 イラスト:筑波マサヒロ

「強いってのはこういうことだ」

【あらすじ】

シーズンオフを迎え、雄星はシルバーハンズの一軍強化キャンプに参加を許される。憧れの存在たちに厳しい言葉で叱咤される日々。だが、決して隔意だけではない“一軍の矜恃”に触れ、雄星はプロとしての生き様をその身で学んでいく。そんななか、紅白戦でリーダー機をつとめたアデーレが、第一リーダー機のケイトリンを撃破してしまい……?いま、波乱の新シーズンが幕を開けようとしていた――。“王の御手”を持つ黒騎士もついに復活!? ますます熱く加速する疾走スペースグラフィティ、騒然の第3弾!

先生とそのお布団

©石川博品/小学館 イラスト:エナミカツミ

まだ「何者」にもなれない「誰か」へ――。

【あらすじ】

これは石川布団という青年と、人語を解す「先生」と呼ばれる不思議な猫とがつむぎ合う苦悩と歓喜の日々。布団はさまざまな挫折と障害に揉まれながら、それでも小説を書き続ける。ときに読者に励まされ、ときに仲間に叱咤され、素直に、愚直に、丁寧に、ときにくじけて「先生」に優しく厳しく叱咤激励されながら――。これは、売れないライトノベル作家と「先生」とが紡ぎ合う、己が望む「何か」にまだ辿り着かぬ人たちへのエール。優しく、そして暖かな執筆譚。カクヨムで話題を呼んだ同名短編小説を、大幅加筆修正した完全版。

レイロアの司祭さま2 ~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~

©朧丸/小学館 イラスト:野崎つばた

はぐれ司祭は冬も暇なし?

【あらすじ】

冒険者が集う街・迷宮都市レイロア。絶えず人が集まるこの街で、ひょんなことから上級職の司祭になってしまったノエルは、あまりにも遅い成長速度のせいで固定パーティを組めずにいた。冬が近づくレイロアの街は慌ただしく、ノエルも便利屋稼業を続けながら依頼をこなす日々。街にダンジョンに温泉に。今日もその日限りのパーティとの冒険が不思議な縁を繋いでいき、徐々にノエルの周りには人が集まっていく。はぐれ司祭と愉快な仲間達が繰り広げる、せちがらゆるく時にマジメな異世界冒険活劇第二幕、はじまり はじまり!

紹介ラインナップは2017年11月17日発売です。

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト