TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ「第2回WEB投稿小説大賞」受賞作は徳間書店から刊行へ 新規レーベルの可能性も

小説投稿サイト「小説家になろう」にて開催されていたTSUTAYA×リンダパブリッシャーズ「第2回WEB投稿小説大賞」の受賞作が、徳間書店より刊行されることが明らかとなった。本小説賞受賞作の受け皿となる予定だったレッドライジングブックスが、2017年9月より新刊刊行の取り止めを発表したことに伴い、どのような形で出版されることになるのか注目を集めていた。徳間書店は2017年3月にTSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社によって子会社化。同小説賞を協賛していたTSUTAYAを傘下に置くCCC系列である同出版社に白羽の矢が立った形だ。

なお、徳間書店にはライトノベルに類するレーベルが存在していないため、受賞作の刊行にあたっては新規レーベル立ち上げの可能性もゼロとは言えない。ただ、今回の受賞作品は1作品であるため、受賞作に続く作品の刊行も行われることになるのか、今後の出版展開にも注目が集まりそうだ。

[関連サイト]

徳間書店

「WEB投稿小説大賞」特設サイト

レッドライジングブックス公式サイト