【日刊試読タイム】『せんせーのおよめさんになりたいおんなのこはみーんな16さいだよっ?』(MF文庫J)

盛大にすっころぶなど。

さて、今回はMF文庫Jが2017年11月25日に発売する『せんせーのおよめさんになりたいおんなのこはみーんな16さいだよっ?』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

教師を目指す徳田院学園高等部二年の六浦利孝は、一族から優秀な教育者を輩出する徳田院家当主であり義父でもある大五郎から一族入りの条件として試練を課される。しかし利孝の目の前に現れた自称許嫁候補の女の子たち、水無瀬みるく、鳴海ルナ、入江梨恵、辻葛葉、の4人はどう見ても小学生。そして……「この中に1人だけいる合法ロリを見つけるように」だって!? いま、史上最高難度のロリアンルーレットがはじまる! 学園カリキュラムで初等部6年1組の教育実習についた利孝が天才幼女たちと戯れる今年度新人賞作品、徹頭徹尾ハピネス&キュートに登場!

著者はさくらいたろう先生。イラストはもきゅ先生。さくらいたろう先生は第13回MF文庫Jライトノベル新人賞にて「佳作」を本作で受賞し、デビューされる作家です。本作は四人の許嫁候補(幼女)の中から、一人だけ存在する合法ロリ(同い年)の許嫁を見つけ出す物語のようですね。試し読みでは約50ページが公開されています。挿絵も4枚(相当)確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

この中に一人、合法ロリがいる。

主人公は「立派な教師になる」という夢を持つ高等部二年、六浦利孝。中学二年の頃に両親を亡くし、身寄りをなくした利孝は名家である徳田院家を束ねる当主・徳田院大五郎に引き取られることになるのです。育ての親であり、通っている学園の学園長でもある大五郎に呼び出された利孝は、とんでもない言葉を耳にするのです。そろそろ利孝を次期当主にするかどうか決めようと思っている、と。育ての親として感謝こそしているものの、その利己的な人間性を好きになれない利孝はあっさりと断ってしまうわけですが。

かくしてその断りは無視され、次期当主の座に就くにはしきたりとして試練を達成しなければならないと言うのです。当主となるにはパートナーが必要であり、許嫁も準備されている周到さ。なし崩し的に顔を合わせることになるのですが、利孝は許嫁を目の前にして絶句するのです。なぜ四人もいるのか、なぜみんな幼い女の子なのか、と。そして利孝に突き付けられたしきたりにして試練。それは四人の中から一人、許嫁を選ぶこと。四人のうち三人が小学六年生。そして残る一人は、結婚できる同い年の女の子なのであると。

試練とは【合法ロリを見つけ出して、その子を許嫁にする】。意味が分からないと嘆く利孝でしたが、見た目に惑わされず相手の本質を見抜く「教え子の真の姿を理解せよ」という徳田院の家訓を突き付けられるのです。立派な教師になるため、断腸の思いで試練を受けることにした利孝でしたが、試練に失敗した場合には教育界から追放すると宣言され、いよいよ退路を断たれてしまいます。1週間という期限の中で、許嫁探しが始まります。

試し読みでは、四人の幼女たちからプロポーズされるところまでが公開されています。四人は嫌々許嫁候補をやらされているわけではないことを知り、自力で試練の突破を余儀なくされた利孝。教育実習として四人の許嫁候補が在籍する六年一組を舞台に、自身の運命を決めるロリアンルーレットが始まることになるのです。合法ロリを見事探しだし、教育者としての道を切り開くことができるのか注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©さくらいたろう/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:もきゅ

[関連サイト]

『せんせーのおよめさんになりたいおんなのこはみーんな16さいだよっ?』特設ページ

MF文庫J公式サイト