『りゅうおうのおしごと!』が文庫部門2連覇&単行本・ノベルス部門は『本好きの下剋上』が「このライトノベルがすごい! 2018」で1位を獲得

2017年11月25日に発売された「このライトノベルがすごい!2018」にて、GA文庫刊『りゅうおうのおしごと!』が文庫部門2連覇を達成、単行本・ノベルス部門では『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』が1位を獲得した。「このライトノベルがすごい!」は宝島社が2004年より刊行しているライトノベルのBESTランキング書籍。昨年から文庫部門と単行本・ノベルス部門に分けてランキング化を実施している。本誌ではランキング上位作品を中心に著者やイラストレーターのインタビューなどが掲載されているほか、2018年のアニメ化も決定している宝島社刊『異世界居酒屋「のぶ」』の書き下ろし短編も収録されている。

文庫部門では昨年に続き『りゅうおうのおしごと!』(GA文庫・著:白鳥士郎・イラスト:しらび)が第1位に輝き2連覇を達成した。2位には『86―エイティシックス―』(電撃文庫・著:安里アサト・イラスト:しらび)、3位には『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム』(HJ文庫・著:海道左近・イラスト:タイキ)が選ばれた。しらび氏がイラストを手掛ける2作品がワン・ツーフィニッシュとなった点も注目と言えるだろう。

単行本・ノベルス部門では『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』(TOブックス・著:香月美夜・イラスト:椎名優)が1位を獲得。昨年の5位から強力なアニメ化作品に負けることなく頂点に輝いた。2位には『蜘蛛ですが、なにか?』(カドカワBOOKS・著:馬場翁・イラスト:輝竜司)、3位には『幼女戦記』(エンターブレイン・著:カルロ・ゼン・イラスト:篠月しのぶ)が選ばれた。

また、新作部門では総合部門の2位、3位、4位がそのままスライドする形となり、1位に『86―エイティシックス―』(電撃文庫・著:安里アサト・イラスト:しらび)、2位に『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム』(HJ文庫・著:海道左近・イラスト:タイキ)、3位に『月とライカと吸血姫』(ガガガ文庫・著:牧野圭祐・イラスト:かれい)がそれぞれランクインした。

本誌には作品ランキング以外にもお馴染みとなっているキャラクターランキングやイラストレーターランキングも掲載されているほか、自分の好きな作品を見つけられるジャンル別ガイドでは250作品以上の紹介が行われている。ラノベニュースオンラインで開催している「ラノベニュースオンラインアワード」と本誌の結果とで選出されている作品群を見比べてみるのも面白いだろう。今年もまだまだライトノベルには新刊が登場する。既存の作品とあわせて、面白いライトノベルにどんどん触れていってもらいたい。

©白鳥士郎/SBクリエイティブ イラスト:しらび

©香月美夜/TOブックス イラスト:椎名優

©安里アサト/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:しらび

[関連サイト]

GA文庫公式サイト

TOブックス公式サイト

電撃文庫公式サイト