『アラフォー賢者の異世界生活日記』がシリーズ累計30万部を突破 おっさんの活躍に人気が集まる

現在、第5巻まで発売されているMFブックス刊『アラフォー賢者の異世界生活日記』がシリーズ累計30万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、アラフォーのおっさんがのめり込んでいたゲームの能力を引き継いで異世界へと転生する物語を描く。40歳のおっさんが活躍するこの物語は2016年9月のシリーズ刊行より、人気を拡大し続けている注目の作品だ。俄然メディアミックスへの期待も高まる中、平穏を望むおっさんの活躍に熱い視線が注がれている。

【第5巻あらすじ】

イストール魔法学院主催の実戦訓練は、おっさんが【あの頃のゼロス】になったりクロイサスが実験に失敗したりといったトラブル(?)はありつつも、無事に日程を消化していた。ところが訓練開始から三日目、事態は急展開を迎える。なんとツヴェイトが暗殺者に強襲され、更に敵が展開した結界によりディーオ達と分断されてしまったのだ。一方のおっさんはというと、護衛任務そっちのけで採掘作業に没頭してしまい、対応が後手に回ることに。ゼロスは慌ててバイクを走らせ現場を目指す。「【バンカーシューター】、発射」 バイクに装備されたサイドカーから射出された杭が、眼前の結界を破壊! ゼロスは暗殺者と対峙することになるのだが、それは意外な人物で……!?

単行本のライトノベルでは、文庫のライトノベルで見かけることの少ないおっさんが主人公を務める作品も増加の傾向にあるようだ。若返って転生したりするでもなく、おっさんのまま活躍する姿が、多くの読者の共感を得ていると言えそうだ。シリーズの継続に伴って更なる人気を獲得している本作をぜひ手に取ってみてほしい。『アラフォー賢者の異世界生活日記』は、MFブックスより第5巻まで発売中。

©寿安清/KADOKAWA メディアファクトリー刊 イラスト:ジョンディー

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

アラフォー賢者の異世界生活日記 4

寿安清(著), ジョンディー(イラスト)

アラフォー賢者の異世界生活日記 1

寿安清(著), ジョンディー(イラスト)