【記事紹介】「放課後ライトノベル」第78回,『第23回ファンタジア大賞』4作品を一気に紹介

4Gamers.netの「放課後ライトノベル」のコーナーで、「第23回ファンタジア大賞」受賞4作品が紹介されている。

第23回ファンタジア大賞の受賞作は、以下の4作品。

大賞&読者賞『ライジン×ライジン RISING×RYDEEN』

金賞『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』

銀賞『いもうとコンプレックス! ―IC―』

銀賞『絶対服従カノジョ。 1. いいか、魔眼はつかうなよ?』

リンク : 「放課後ライトノベル」第78回は,3週連続の新人賞特集第1弾! まずは『第23回ファンタジア大賞』4作品を一気に紹介

【ライジン×ライジン RISING×RYDEEN】

「ふっ…見せてやるぜ。風よ、吹き荒れろっ!!」「―で、これかい?君の『異能』というのは…」下野根隆良、16歳♂。『異能』を持つストレンジャーに憧れ続けていた彼が、アリアと名乗る謎の爆乳美女に導かれて手に入れた能力は…最低ランクの『残念異能』だった!?そんな隆良が通う学校に、『最強異能』の金髪少女・雷轟魅神が転校してくる。彼女は言い放つ。「アナタは私の下僕です。拒否権はありません」「―ふ、ふざけんなよっ!」。第23回ファンタジア大賞「大賞」+「読者賞」W受賞作品は、残念異能VS最強異能!?当代無双の異能バトルアクション(?)。

【勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。】

勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル。幼い頃からの夢が破れて腐っていたラウルは、王都にあるマジックショップで働く日々を送っていた。そんなある日、一人のバイト志望が驚愕の履歴書を持ってショップに現れる―。名前・フィノ、前職・魔王の世継ぎ、志望動機・親父が倒されたから。魔王の子供・フィノの教育系に指名されたラウルだったが…。「敬語ってのはな、丁寧な、かたい感じの言葉遣いだよ」「フハハハハ。よくぞ我がレジまでたどりついたな、お客様め!」「ストップ!ストップ!…いったん落ち着こうか」勇者の卵と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ。第23回ファンタジア大賞金賞受賞作。

【絶対服従カノジョ。 1.いいか、魔眼はつかうなよ?】

どうやら、俺には魔眼がきかないらしい。…嘘じゃない。高校一年の始業式。俺は壇上から突然降ってきた美少女・マナに押し倒され、キスをせがまれた。―意味がわからない!?必死で逃げるも全校生徒に追いかけられ、あえなく俺は捕まった。そう、彼女は他者を思い通りに操る“魔眼”の能力を持っていたんだ。だけど、何故か俺にだけ効かなくて…!?その日から、マナは俺を“絶対服従”させるため、「足を舐めて下さい!」「断る!」と俺の後ろをついてくる―。幼馴染みのソフィアにマナ溺愛の景、“完璧超人”総一郎に愛に生きるギャル・いねも絡み、マナの斜め上なアタックは予想外の方向に!?魔眼禁止の学園ラブコメ開幕。第23回ファンタジア大賞銀賞受賞作。

【いもうとコンプレックス! ‐IC‐】

「俺は妹が大・大・大好きだぁー!」この世で一番妹の佳奈美を愛している超シスコン高校生・早川大吾。彼は高校の副会長として、ある決意を胸に入学式を迎えていた。それは中学校時代を孤独に過ごしてしまった妹に、楽しい高校生活を送ってもらうため、友達を作ること。そして“妹の秘密”を本人には内緒で解決することだった…。妹、幼なじみ、金髪美少女…彼女たちを怒涛のトラブルに巻き込みながら、全ては妹のために、世界を敵に回しても怖くない。最も危険なお兄ちゃんがここに誕生。これまでに類を見ない新たなる“妹”エンターテイメントが堂々登場。

(C) 富士見書房 初美陽一/パルプピロシ 左京潤 春日秋人 稲葉洋樹

[関連サイト] 富士見書房

記事:逢坂肇

[商品データ]