『自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~』のコミカライズが決定

現在、第2巻まで発売されているKラノベブックス刊『自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、人外魔窟の田舎で育ち、魔力も身体能力も桁外れの魔族が、平凡で楽しい学園生活を送りたいだけのスクールライフを描く。コミカライズの作画は第37回少年シリウス新人賞「奨励賞」受賞作家・こねこねこ氏が担当することも決定しており、2018年春の連載開始を予定している。

【第1巻あらすじ】

――人外魔窟が彼の田舎だった。魔族が通う学園のクラス分け試験で四百階層の魔王級ダンジョンを作成してしまった青年クロノ。「クロノ君。君は一体何者なんだ!!」「俺はただの田舎の平凡魔族なんですが」。竜が飛び交い伝説のモンスターがうろつき、凶悪な魔法が日常的に使われている魔境で育った彼は、自分の常識がずれていることに気づいていなかった! 魔力も身体能力も桁外れ、素手でドラゴンすら殴り倒せるクロノは、すぐさま学園中の注目の的になる。「君は魔王を越えた英雄に、国の救世主になれる器だ!」「俺は普通に友人を作って楽しく学べるだけでいいんですが……」 自称平凡魔族が送る、無敵の英雄スクールライフ開幕!!

コミカライズの連載開始時期や連載媒体などの具体的な情報は、今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズが決定したこの機会に、ぜひ原作小説を読んでみよう。『自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~』は、Kラノベブックスより第2巻まで発売中。

©あまうい白一/講談社 イラスト:卵の黄身

[関連サイト]

Kラノベブックス公式サイト